浮気調査の実例・料金の詳細

実際に浮気調査した内容と金額などの詳細

では実際に当調査事務所に御依頼頂いた浮気調査の事案とそれに懸かった調査料金をご紹介致します。 一言に浮気調査と言えども様々な状況があり、それに伴った調査プランを提案させて頂いております。 事例番号の下には御依頼者が希望していたご予算、実際の調査日数、目的、実際の調査費用を掲示しています。 私の場合は?と気になる方はお気軽にフリーダイヤル、メールよりお問い合わせください。

事例番号01
希望予算 10万円
調査日数 1日
依頼目的 不貞の事実確認
調査料金 102,000円
大阪府 K様(26才 主婦) 夫婦共働き、2人の子供を持つKさんは日中スーパーマーケットでアルバイトをしている。気になるのは夫ではなく、出会い系サイトで知り合い約1年半交際している1つ下の彼氏Aの事であった。夫とは既に家庭内別居状態であり、Aとは子連れで再婚して新しいスタートを切ろうと約束をした事もあった。しかし、最近よそよそしくなり、互いにバイトが終わり、夕刻より逢っていたのが、「残業が出来た。」「友達と遊びに行く。」等と言って自分と会うのを拒絶しはじめた。 弊社の方にはスポーツ新聞の広告欄で知り電話をしてくる。家庭内別居とは言えども生活の基盤を支えているのは夫と自分のバイト代な為、高額な費用を彼氏の調査の為に使う事は出来ないという。予算的な問題からも基本料金調査パックでのプランを立てさせてもらい、詳細を窺うと泉州地域のショッピングセンターでアルバイトをしているとの事であり、店舗出入口数と使用車輌の駐車位置の関係から調査員1名を増員する事で調査契約を結ぶ。調査の結果、同僚の女性と就業後勤務先から出て来ると、自分の車輌には乗車せず、並びに駐車していた女性の車輌で出て行く。パチンコ店、ファミレスで食事の後、女性の家に帰宅する。 女性の自宅は母屋と離れがある旧家であり、Aと女性は離れへと入って行き、風呂に入る様、女性の母親が離れを訪れた際、Aと親しく話しする状況を確認する。 その後の調べでAは半年前より女性宅で同棲しており、婚約をしていた事実を確認する。調査報告を聞いたKさんはAとの話合いの場を設けAとの交際を断念する。
詳細プラン説明
調査費用
基本料金調査パック 45,000円
調査員増員 15,000円
実調査時間 3時間40分  42,000円
調査料金合計 102,000円

基本料金調査パックを利用すると 基本料金+実働調査時間分の料金で精算出来ますので少ない時間を調査する場合お得になります。 実働調査は3時間40分ですので3時間=12,000円×3h 40分は30分単位で算出されていますので40分=6,000円となり、合計42,000円となっています。細かな状況とポイントさえ絞り込めれば、1日の調査に20万円も30万円も払う必要はありません。 大手の調査会社、FC展開の調査業者は決して高額な調査料金を料金表に提示していません。

事例番号02
希望予算 30万円
調査日数 2日
依頼目的 不貞証拠写真撮り
調査料金 105,000円
和歌山県 Y様(42才 専業主婦)
鉄工関係の2代目社長をを務める夫を持つYさんは、度々中国へ海外出張に行く夫が女性を同伴していないか?を危惧していた。普段、接待であろちや泉佐野方面のアジア系のクラブやラウンジに出入りしており、ホステスの携帯電話番号や発着信履歴が残っており、時折りプレゼント等もしているようであったからだ。過去にも海外出張に日本人女性を連れて行っていた事実があり、その女性と切れてからは女性関係はない。弊社へは電話局の番号案内で数社紹介された中の1社の様であり、既に2社ほど相談の為、最寄駅の喫茶店などで相談員とあったが、海外へ出る時の空港での出国、入国時の状況だけが知りたいのに「それは絶対に怪しい!」と言われ長期の調査見積り(150万円、120万円)を出された。2社目の相談員などは依頼する気もないのに「いつでも調査できるように仮契約だけ結んでおきましょう!」と4時間近くも喫茶店から出さしてくれず、怖い思いをした。実際弊社で2社の社名を伺ったが、名前が違うだけで同じ会社である事を告げるとかなり動揺していた。空港での出入国の際の夫の状況のみが知りたいとの事であり、夫が搭乗している便名も把握している事から基本料金調査パックの2日間調査契約を結ぶ。調査の結果出国時も入国時も単身での出発、帰国であった。報告書引渡し時の事後報告の際、帰国後の夜、いつも、迷惑を掛けているからと免税ショップで購入したブランドバッグを貰った時、「もう少し、主人を信用しよう。」と涙が出た。との事であった。
詳細プラン説明
調査費用
基本料金調査パック 45,000円×2=90,000円
調査員増員1日のみ 15,000円
実調査時間 4時間  0円
2時間無料キャンペーン割引適用
調査料金合計 105,000円

この事例での契約時は関西、中部地方では
基本料金調査パック割引キャンペーンを実施しており、調査開始より2時間までの費用
24,000円をキャッシュバッグしています。したがって、総調査時間4時間分は無料で調査した事になり、
基本料金調査パック1日45,000円×2
調査員増員1日 15,000円×1
実調査時間4時間=0円で上記の調査料金となっています。
必要な部分と必要な時間だけを見る事が出来るのが基本料金調査パックのメリットです。

事例番号03
希望予算 50万円
調査日数 4日
依頼目的 不貞の事実・証拠
調査料金 509,000円
兵庫県 K様(35才 専業主婦)
大手工務店の現場監督を夫に持つKさんは夫の携帯電話のメールより浮気の事実を知る。ただでさえ現場での泊り込みや残業で普段から帰宅が夜中になっていた事に不服を持っていた。専業主婦であり、2歳と5ヶ月の子供を持つKさんは夫の裏切りに育児ノイローゼ寸前まで追い込まれる。不貞の事実を掴み離婚を決意したKさんはタウンページに1ページ広告を載せている大手調査会社に140万円近い費用を出し、調査依頼をする。1週間近い調査をした結果、自分の主旨を理解しているのかしていないのか判らない調査会社の相談員の主導の元、なんの結果も得られないまま、調査契約を終えられる。手渡されたのは夫の動きの無い報告書と夫の車や後姿だけが写された写真のみ。その後も自身で夫の動向を探るがやはり、女性と密会している状況を確信する。詳しい状況と御主人の行動パターンより、浮気調査5日間パックの適用により調査を開始。「今日も遅くなる。」と電話を入れてくる時に限り極めて怪しいとのKさんの思惑通り、調査実施すると夫は仕事場より車輌にて移動し浮気相手の自宅最寄り駅付近で接触。食事の後、女性宅へと入り1泊する状況を確認する。調査の結果、相手の女性は夫の会社のOLである事が判明。現在、離婚調停中である。弊社の分刻みの詳細な報告書と夫と浮気相手の撮影写真とビデオに先の大手調査会社の契約は一体なんだったのか?憤慨の色を隠さないKさんに同じ調査会社で調査料金と内容がどうしてここまで違うのか?をご説明する。「最初からあかつきさんにお願いすれば良かった。」調査報告時に言って頂ける最上の誉め言葉を頂き、私達は喜びの色を隠せなかった。
詳細プラン説明
調査費用
浮気調査パック 350,000円
調査員増員5日間 75,000円
契約外延長料金1h 
12,000円×7h= 84,000円
調査料金合計 509,000円

この事例では連日5日間の調査を実施する浮気調査パックを適用しています。1日5時間の調査を連日5日間実施します。ポイントと情報を元に実施日を絞れば100万円前後の費用を払わずに調査する事は可能です。今回のケースでは4日目に接触確認と女性宅に宿泊している状況を確認。契約日数と別に調査延長時間が7時間延長されている為、延長料金が発生しています。弊社では追加料金が発生する場合必ず、御依頼者へ御連絡し、可否を取りますので御依頼者様は自身の希望予算と照らし合せ、調査を進めていく事ができます。

事例番号04
希望予算 特になし
調査日数 8日
依頼目的 不貞の事実・証拠
調査料金 1,286,000円
長野県 M様(34才 自営兼業主婦)
夫と同様の法務関係の仕事をするMさんは夫の仕事場にアルバイトで出入りする主婦に嫌疑を持っていた。いや、不貞の事実となるメールの内容まで知っていた。1年半程前より夫の事務所で夫の助手としてアルバイトで雇った女性。夫も面接の際、Mさんに了解なく採用しており、その当時より想像したくない関係にはなって欲しくないと切望していたが、本人の想像通りの展開になってしまった。夫と別に仕事場を構えるMさんは最初のうちは夫を信じ仕事中、夫の仕事場に顔を出すのを控えていたが、ある日、夫の携帯電話のメールより彼女とのやり取りを知ってしまう。メールを見た事を告げるにも自分のしている事を軽蔑されそうで告げれず、心にわだかまりだけが増して行き、ある日仕事場の居間に入り込んでいる二人を目撃してしまう。二人に問い詰めるが、「やましい事などしていない。」と知らん存ぜぬ。暫くの後、相手の女性をアルバイトなのに退職金まで払い解雇する。夫にも釘を刺すが、どうにもわだかまりが取れない。相手に女性は勝ち誇ったようにコソコソと主人の元へ出入りする状況が続く中、ネット上で弊社を知り相談メールにてMさんの痛烈な慟哭をお聞きする。調査プランの組み立てを開始し、Mさん、御主人の仕事柄の世間体と東京や大阪の主要都市ではなく、地元付き合いが激しくすぐに噂になり易い土地柄を考慮し、慎重な長期調査プランを提案し、調査を開始する。8日間の調査で1~2度ほど接触が確認されれば、確実に不貞の証拠を挙げれるか?と見込んでいたが、初日より連日の様に浮気相手の女性と接触する。昼食時、夕刻と僅かな仕事と仕事の合い間を縫って時間を作る夫。車内で抱擁、キスなどの状況を確認するが、限られた時間内での接触になかなか決定打を押える事が出来ない。調査契約が終盤に差し掛かる中、Mさんには仕事先の人間と接待と伏線を張っておきながら長野市内のラブホテルへと相手女性と入るのを確認する。
調査実施期間中の事後報告に依頼人であるMさんは離婚を決意する。が、最終の報告書引渡し時に彼女は夫との再スタートを決意する。Mさんは何の罪もない二人の子供達の為に、離婚が原因で夫の仕事を減らす事になる事は避けなければいけないと、夫婦として続けて行く決意を持った。後日、Mさんから御主人とも円満に話し合いをして和解し、家族4人で再スタートを切ったとの力強い想いを綴ったお手紙を戴いた。必ずしも離婚する事が、相手に慰謝料請求するだけが依頼者のゴールではない事を実感させられる調査事案であった。
詳細プラン説明
調査費用
浮気調査8日間(1日9時間) 109,000円
特殊機材オプション 96,000円
長期滞在諸経費 150,000円
調査料金合計 1,286,000円

この事例では長期に渡る調査になる為、弊社規定の長期割引後の料金を適用し算出されています。 実際の正規料金と割引後の料金をそのまま表記します。 ■1日調査料金 115,000円(5h)+延長料金(1h12,000円×4.5h)54,000円=169,000円×8日間=1,352,000円
■1日調査(9.5h)・・・・・・130,000円×8日間1,040,000円312,000円の割引

■特殊機材オプション尾行機材 1基50,000円×2 情報収集特殊機材75,000円×2 =250,000円 ■特殊機材使用オプション合計96,000円 154,000円の割引
見積総合計1,752,000円
割引適用後 1,286,000円
長期割引総額466,000円となります。
合計の調査料金、割引総額に驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、状況や調査プラン、契約時間によってはこのような数字が出るのは普通にある事なのです。そして大手他社になるとこの数倍もの料金を請求されます。この様な高額調査料金の調査事例を掲示している探偵社サイトは他にはあまり無いと思います。探偵社選びはご自身の目でしっかりと見定めてください。

事例番号05
調査日数 2日
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 385,000円※遠隔地特別料金
石川県 
妻である依頼人は三重県に在住。石川県に単身赴任中の夫のアパートの 部屋に女性者の衣類が置いてあるのを見付け不信感を抱く。 地元の個人経営の探偵社に依頼するが早い段階で調査が発覚してしまい、 当社に相談。 夫の休日前日からの2日間の調査を依頼。 指定日夕刻に勤務先で夫の車輌を確認し退勤時刻より尾行し自宅アパートへ 帰宅するのを確認。 部屋に女性を招き入れると想定していたが1時間程で車輌で動き出し、 高速道路を利用して大阪市内へ走行。 市内の繁華街付近で20代女性と接触しそのままラブホテルに入るのを確認。 翌朝10時に女性を乗せてラブホテルより出て買い物や食事をした後市内の マンションへ入る。 同マンションが女性の自宅である事が判明し結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数2日間 
調査料金合計 385,000円
事例番号06
調査日数 5日
依頼目的 夫の居住地割り出し
調査料金 600,000円※弁護士特約割引適用
京都府 
夫のメール履歴より浮気を確信し、問い詰めると逆切れした上に家を出て行ってしまう。
弊社と協力関係にある弁護士に相談し弊社を紹介される。
夫の居住地の割り出しを含む5日間の調査を依頼。
バイクで通勤する夫を尾行し居住するアパートを突き止め、更に依頼人の知らない女性が出入りしている事が判明。その後の調査で2人とも朝アパートから出勤し夜帰宅し、2人で買い物に出かける姿を捉え夫と女性が同アパートで同棲している証拠を得る。
また、女性は以前から夫が通うスポーツジムのインストラクターだと判明。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数5日間 
調査料金合計 600,000円
事例番号07
調査日数 10日
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 918,000円※異性関係調査パック料金
大阪府 
30歳の妻が毎週末に女友達と遊びに出掛け朝帰りをする事に不信感を抱き調査を依頼。
実際に女友達等と繁華街で飲み歩き、クラブで朝迄遊ぶ様子を確認したが調査終盤にクラブで知り合った20代男性と接触し男性が一人暮らしする部屋に入り浸る状況を確認する。
また、平日の日中には別の40代男性とラブホテルに出入りする状況を確認し、複数の男性と継続的な不貞行為を行なっている事が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数10日間 
調査料金合計 918,000円
事例番号08
調査日数 5日
依頼目的 娘婿の浮気調査
調査料金 600,000円 ※弁護士特約割引適用
大阪府 
20代の新婚の娘が婿との関係が悪くなり、婿は娘と生後間もない子供を置いて家を出て実家に帰ってしまう。
以前から帰宅時間や休日の外出情況に不審な点が有った事により父親は、弁護士に相談し弊社を紹介される。
調査初期段階で、婿が毎朝出勤前に勤務先近くの単身者アパートに立ち寄っており、若い女性と共に出入りする状況を確認。
休日はアパート付近で待ち合わせて食事や買い物を楽しむ際、婿が女性の腰に手を回す等親密な関係を裏付ける状況を確認。
依頼人の娘に調査結果の画像を見せたところ、同女性は別居以前、仲の良い同僚として婿が他の数名の男女と共に新居に連れて来ていたメンバーの一人だった事が分かった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数5日間 
調査料金合計 600,000円
事例番号09
調査日数 2日
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 250,000円
兵庫県 
依頼人と妻は、娘が大学を卒業したら離婚する事が決まっていた。
依頼の時点で浮気を疑う根拠は皆無だったが、毎週末に妻は地域の会合や親睦会を口実に近所の飲食店等に車輌または徒歩で出掛ける為、離婚に有利な不行跡の証拠を取りたいと考え、週末2日間の行動調査を依頼。
2日目の調査で妻が車輌で出て一駅程離れた住宅地内のアパートに入るのを確認。
不審行動の片鱗が見えた為、追加契約にて複数回の尾行調査を実施した所、アパートの1室で頻繁に男性と逢瀬を重ねている事を確認し、浮気が判明。
更に、同アパートの賃貸名義人は依頼人の妻自身であり、男性との逢引の為に部屋を借りていた事も判明した。また、同男性は同じ町内で自営業を営み依頼人とも面識の有る人物だった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数2日間 
調査料金合計 250,000円
事例番号10
調査日数 10日
依頼目的 娘さんの所在調査
調査料金 1,050,000円
兵庫県 
実家暮らしの22歳の娘が家に帰らず、連絡は取れるが行き先を言わない為、所在を確認したいと依頼。
 当初は心当たりの遊び場所等を中心に捜索を行なう予定だったが、開始数日後に娘が衣類等を取りに実家へ帰る事が分かり、急遽尾行調査に切り替え調査を実施。
娘は実家を出た後、新幹線に乗り名古屋へ移動し、若い男性と接触。男性とホテルに泊まり翌日も名古屋市内で遊び、男性が居住するマンションに立ち寄る等の行動を確認。
その後、娘は実家に帰る様になったが度々出掛ける為、素行調査を実施した所、神戸市内で度々同男性と会っている事を確認した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数10日間 
調査料金合計 1,050,000円
事例番号11
調査日数 3週間
依頼目的 婚約女性の身上調査
調査料金 400,000円
大阪府 
依頼人の男性はマッチングアプリで知り合った20代の女性と婚約したが、ある日依頼人との間に子供を妊娠したと言われ、その出産費用、おむつ代、入院費等の口実で度々金銭を要求される様になる。
子供に会いたいと要求すると施設に預けたから会えないと言われ、施設代等の名目でその後も要求が続き、真偽を確かめたいと考え調査を依頼。
「子供が熱を出し病院に連れて行く。」と言われて依頼人が病院代を振り込んだ後の2日間、自宅から女性の出入りは無く、その後の調査でその間女性は所属する劇団の地方公演に同行していた事が判明。
また、女性のSNSアカウントを特定し投稿内容を確認すると、子供に関する記述は一切無く、依頼人に知らせている内容とは全く違う生活状況であり、また、他に交際している男性が居る事も判明した。
近隣や実家周辺での聞き込みにより女性の妊娠や出産の事実は無く、全てが虚偽だったとの結論に至った。
詳細プラン説明
調査費用
調査日数3週間 
調査料金合計 400,000円
事例番号12
調査日数 5日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 625,000円
京都府 
夫である依頼人が、単身赴任先から久し振りに妻と子供が住むマンションに帰宅すると、男性が出入りしている痕跡を発見し、調査を依頼。
妻は、幼い子供を実家に預けて飲食店でアルバイトをしており、行動調査の結果、アルバイト先の若い店長と親密な関係である事が判明した。
店長は依頼人の妻と子供が暮らすマンションに毎日入り浸り、依頼人の不在中はまるで自身が実の夫であるかの様に生活している事を確認。
追加契約にて店長の本来の居住地である実家が判明し、依頼人は弊社が紹介する弁護士に妻との離婚調停と店長への損害賠償請求を依頼した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数5日間 
調査料金合計 625,000円
事例番号13
調査日数 6日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 720,000円 ※弁護士特約割引適用
大阪府 
夫である依頼人は40代の妻が昼夜を問わず外出し、深夜に酔って帰宅する事に不審を抱き調査を依頼。
調査序盤、情報通り妻は夕刻から原付バイクで行きつけの居酒屋へ出掛け、他の常連客等と飲み明かす姿を確認。
閉店時間を過ぎ、妻は一緒に飲んでいた男性客の一人と千鳥足で出て来ると、そのまま徒歩で男性が住むアパートへ行き3時間程滞在してから帰宅。
同男性について勤務先や使用するバイクを特定し、行動確認を継続したところ、土曜日の午後、男性と依頼人の妻が待ち合わせ、それぞれのバイクに乗って連れ立って市内のラブホテルに入るのを確認。
5時間後、二人並んでホテルより出て、それぞれのバイクに跨り走り出る一部始終を撮影し結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数6日間 
調査料金合計 720,000円 ※弁護士特約割引適用
事例番号14
調査日数 3日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 375,000円
京都府 
40代夫の言動に不審を抱き、携帯電話の内容を確認し浮気している事を確信する。
メールの履歴とアドレス帳より、相手の女性の住所が夫の地元である三重県某所のマンションである事も突き止めた上で調査を依頼。
夫は月に2回程度仕事の出張を口実で週末に家を空ける為、金曜日の夕刻から三重県の女性宅マンションで張り込んだところ、19時過ぎに現れた夫の車輌から夫と女性が降車し部屋に入るのを確認。
翌日、翌々日も二人で買い物や食事に出掛け、女性宅に泊まる状況を確認し、結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数3日間 
調査料金合計 375,000円
事例番号15
調査日数 2日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 250,000円
大阪府 
30代の妻がある日突然理不尽な理由で怒り出し、依頼人に掴みかかった挙句に警察を呼び夫から暴力を受けた等と嘘を言って家を飛び出した。
後日夫が帰宅すると、家財道具や家電製品などが全て運び出されており預金通帳やクレジットカード等も無くなり以後10ヶ月以上連絡が取れなくなる。
妻の携帯電話の地図情報が自身の携帯電話と同期されている事に偶然気付き、撮影画像や位置情報を確認すると、妻は兵庫県内で男性と暮らしており、驚く事に赤ん坊を出産している事が分かり調査を依頼。
位置情報から居住するマンションを特定し、その1室から男性が出勤の為に出掛けるのを、赤ん坊を抱いた依頼人の妻が見送る姿を確認。
男性の勤務先は妻が数年前まで勤務していた会社であり、当時から関係が継続していたと判断される結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数2日間 
調査料金合計 250,000円
事例番号16
調査日数 1日間
依頼目的 婚約者の所在調査
調査料金 125,000円
京都府 
依頼人女性は小さな会社を経営する男性と結婚を前提に交際していたが、男性が別の女性をマンションに招き入れている事が発覚。
問い詰めると男性はマンションを出て別の場所に引越し、依頼人に正確な移転先を教えようとしない為、調査を依頼。
仕事後に依頼人と男性が車輌同士で待ち合わせて食事をし、別れたところから尾行を開始。
依頼人の目を警戒してか、移転先として依頼人に知らせていた地域の方向に走行したがその後Uターンして逆方向へ走行。
依頼人に知らせていた地域とは全く違う場所に立地するマンションの駐車場に停車して男性がマンションの一室に入るのを確認し移転先の判明に至った。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数1日間 
調査料金合計 125,000円
事例番号17
調査日数 2週間
依頼目的 娘の交際相手の信用調査
調査料金 350,000円
石川県 
石川県に住む依頼人は、娘が大阪から出稼ぎに来ていた離婚暦の有る40代男性と交際し、男性に百数十万円を貸している事が分かった。
男性の言動に不信を抱いた依頼人は裁判を視野に入れ弁護士に相談し、男性の住所遍歴等を確認した上で弊社を紹介され調査を依頼。
大阪府内の本人及び元妻の過去の住所地を中心に現地にて情報収集を実施したところ、男性は婚姻当時から多額の借金を抱えており、元妻とは一度離婚後、僅か1年で復縁し再び離婚している事が分かったが、離婚後も賃貸マンションで同居は継続されており、家賃のみならず公共料金や税金、生活支援費の返済等を数ヶ月に及び滞納している事が判明した。
妻とは借金を一時的に回避する為の偽装離婚である可能性が高く、極めて信用性が低い人物であるとの結論に至った。
詳細プラン説明
調査費用
調査日数2週間 
調査料金合計 350,000円 ※弁護士特約割引適用
事例番号18
調査日数 5日間
依頼目的 妻の素行調査
調査料金 600,000円
兵庫県 
繁華街の飲食店でアルバイトをしている30代の妻が度々帰りが遅く、高頻度で出掛ける為、他のアルバイトや浮気の可能性も視野に入れて調査を依頼。
行動調査の結果、妻は飲食店以外に昼間から営業しているキャバクラに勤務している事が判明。
調査員が客に扮して内偵し、妻と連絡先を交換しその後店外での食事に誘うと簡単に承諾した。
アルバイト後も妻は真っ直ぐ帰宅せず、自宅近くの居酒屋に一人で入り、依頼人の知らない男性を呼び出して遅くまで酒を飲んだ後、男性の車輌に乗りラブホテルに入るのを確認。
その後男性の自宅も判明し結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数5日間 
調査料金合計 600,000円
事例番号19
調査日数 8日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 880,000円
滋賀県 
依頼人と夫は不仲が続き度々の口論の末、夫は自宅に帰らなくなった。自宅に置いてあった夫の古い携帯電話内に夫が女性と肩を寄せ合う画像と、同じ時刻に撮影された住所表示プレートの画像を発見し調査を依頼。
現地確認を行うと画像の住所地は戸建ての借家であり、夫が仕事に使用する車輌が玄関前に駐車されているのを確認。
その後の調査でその家には女性と保育園に通う2人の子供が暮らしており、夫は同所で生活を共にしている事が分かった。
夫は子供等を車輌で保育園に送迎し、全員で外食に出掛ける等、実の親子同然に暮らし、子供等も非常に夫に懐いている様子を確認し結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数8日間 
調査料金合計 880,000円
事例番号20
調査日数 5日間
依頼目的 妻の現状確認調査
調査料金 500,000円
福井県 
福井県で飲食店を営む依頼人はSNSで知り合った神奈川県に住む既婚女性と親しくなり、やがて女性が夫と離婚した事を知り女性を福井に呼び住居を借りて家財道具等を買い与え数ヵ月後に結婚した。
ところが婚姻後から妻の態度が急変し、喧嘩が絶えなくなり結婚半年で妻は依頼人が買い与えた家具や家電製品等を全て持ち出して姿を消した。
頼る場所は前夫と子供等が暮らす神奈川の家しか無いとの判断から、弁護士に相談し書状を送るが一切返事が無く、弁護士のアドバイスで調査を依頼。
現地での確認作業にて小学校に通う息子の姿を確認。
張り込み調査中、妻本人の出入りは確認出来なかったが、近隣住人及び子供への取材に拠り、妻は神奈川のマンションに帰って来ており元夫と子供等と同居しているとの言質を得た。
また、マンションの窓より室内に依頼人宅から持ち出した物と思われる布が掛けられた多量の家具類が置かれているのを確認した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数5日間 
調査料金合計 500,000円 ※弁護士特約割引適用
事例番号21
調査日数 6日間
依頼目的 娘婿の素行調査
調査料金 660,000円
京都府 
依頼人の娘婿は仕事が長続きせず、収入が少ないにも関わらず趣味のバイクを購入し依頼人が買い与えた車輌を乗り回し遊んでいた為、依頼人は離婚を前提に別居する様申し渡した。
婿には浮気の疑いも有った為、別居後の居住地や仕事の状況も知りたいと考え調査を依頼。
調査の結果、婿は日中不定期にIT関連の会社でアルバイトを行い、夜はバイクで食品デリバリーの仕事をし、その後女性が一人暮らしするマンションに帰宅している事が判明した。
別居直後より毎晩同マンションに寝泊まりしている事より、以前からその女性とは関係が有ったと判断される結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数6日間 
調査料金合計 660,000円 ※弁護士特約割引適用
事例番号22
調査日数 6日間
依頼目的 裁判相手の素行調査
調査料金 800,000円 ※遠隔地特別料金
兵庫県 
不動産業を営む依頼人は千葉県のマンションオーナーより分譲物件を購入したが、名義変更まで全て完了した段階でオーナーが急に「自分は高齢であり契約時点で認知症だった。」と契約の無効を主張して来た。
依頼人は弁護士に訴訟手続きを要請すると共に調査を依頼。
1週間に及ぶ素行調査の結果、対象者は1人で毎日の様にバスと電車を乗り継いで複数のスポーツジム等に通い、その行き帰りに買い物や銀行窓口で手続きを行なう姿等を確認。
健常者と変わらない生活実態であり、契約に於ける判断能力は充分に有るとの判断に至った。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数6日間 
調査料金合計 800,000円 ※遠隔地特別料金
事例番号23
調査日数 2日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 250,000円
兵庫県 
勤務医である夫が度々帰宅が遅く明確な理由を告げず外泊をする様になり調査を依頼。
依頼人からの指定日に調査を実施したところ、夫の勤務後に繁華街で20代と見られる女性と接触するのを確認。
もつ鍋店で食事を行なった後バーへ行き、その後連れ立ってラブホテルに入った。翌朝、夫と女性がラブホテルから出て一緒に電車に乗るのを確認。
夫は自宅の最寄り駅で下車した為女性の尾行を続行し、女性の自宅を特定。
後日、追加調査に依り、女性が夫と同じ病院に勤務する看護士である事が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査日数2日間 
調査料金合計 250,000円
事例番号24
調査日数 10日間
依頼目的 外国人研修生の所在・現況確認調査
調査料金 200,000円
山口県 
依頼人は山口県の外国人就労者研修施設の経営者であり、日本で働きたい外国人を教育して各企業への就職斡旋を行なっているが、研修終了を目前に控えた東南アジア人男性が突如姿を消した。
男性の行き先が神戸市内の某所である事を突き止めた上で所在地の確認を当社に依頼。
現地は老朽化したアパートやマンションが乱立する地域であり、周辺にて取材を行なったところ、地域内に立地する文化住宅の1室に数週間前から東南アジア人男性2名が住んでいる事が分かり、同男性等の写真を依頼人が確認したところ、1名は対象者本人であり、もう1名も依頼人施設から姿を消した別の研修生である事が判明した。
追加調査にて2名が徒歩圏内のラブホテルにベットメイクとして勤務している事等が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
興信調査
調査日数10日間 
調査料金合計 200,000円
事例番号25
調査日数 約1ヶ月間
依頼目的 息子の婚約者の素行・身上調査
調査料金 850,000円 ※遠隔地特別料金
岡山県 
母親である依頼人は30代の息子の異変に気付き理由を問い質すと、ネットで知り合った女性に2年間に渡り多額の現金を貢いでいる事が分かった。
交際開始間も無く「子供を妊娠し仕事を辞めなければならない。」等の理由で女性は息子に生活費を請求し、お金の手渡し時以外は会わず、息子は借金まで背負っていた。
弁護士に相談したところ詐欺の可能性が高いと判断され調査を依頼。
女性が住んでいるとされるマンション付近で、息子が女性に現金を渡すところより調査を実施したところ、息子と別れた女性は当該マンションを素通りし、裏手の戸建住宅に入るのを確認。
同住宅の表札が女性の苗字と違う為、連日確認調査を実施したところ、女性は既婚者であり戸建住宅に夫と夫の両親と同居しており、依頼人の息子の子供だと偽った赤ん坊は、夫との間に産まれた子供である事が判明した。
女性と夫は仕事もせず毎朝開店前からパチンコ店に並び、終日ブラブラと遊んでおり、夫も金蔓としての依頼人の息子の存在を知っていると判断される結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
興信調査
調査日数約1ヶ月間 
調査料金合計 850,000円 ※遠隔地特別料金
事例番号26
調査日数 5日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 550,000円 ※弁護士特約割引適用
兵庫県 
電気工事業を自営している依頼人の夫は福井県に頻繁に出張する為、現地にアパートを借りているが、出張期間が長い事に不信を抱き調査を依頼。
夫の出張時の行動を調査したところ、半日数は業務で動いていたが他の時間は現地近くのハイツに住む若い女性と昼夜共に過ごしているのを確認。
夫が女性のハイツに泊まったり、女性が夫のアパートに泊まりに来たり、日中から飲食店で飲酒する等かなり以前から親しい間柄である事が判断出来る結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数5日間 
調査料金合計 550,000円 ※弁護士特約割引適用
事例番号27
調査日数 7日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 800,000円 ※遠隔地特別料金
鳥取県 
単身赴任中の依頼人は妻の浮気を疑い調査を依頼。
工場でパート勤務する妻の勤務後の行動は小学校と幼稚園に通う子供の送迎や買い物のみで怪しい点は見受けられなかったが土曜日の日中、子供を実家に預けた妻は車輌で人気の無い施設の駐車場に行き、既に停まっていた男性が乗る車輌に乗車して、2時間以上に及び車内で抱き合いキスをする等の行為を確認した。
2人が別れた後、男性の車輌を追うが山間部の集落に入った為尾行を断念。
後日、子供が通う小学校の父兄会の日に、小学校の駐車場にその男性の車輌が駐車されているのを確認し、その後の調査で所在も判明した。
男性は依頼人の子供の同級生の父親であり、依頼人とも面識の有る人物だった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査
調査日数7日間 
調査料金合計 800,000円 ※遠隔地特別料金
事例番号28
調査日数 5日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 575,000円
滋賀県 
会社勤務で50代の夫が仕事を口実に帰宅が遅くなり外泊が増えた事に不信を抱き調査を依頼。
調査2日目に夫が勤務先を出た後、数キロ離れた時間貸し駐車場へ行き車輌で現れた中年女性と接触するのを確認。
女性は夫の車輌の助手席に座り車内で1時間程過ごした後に各々の車輌で走り出した為、女性を尾行したところ戸建住宅に帰宅した。
夫が出張を口実に外泊する日の調査に於いては勤務先付近で女性を車輌に乗せ、同じ市内のビジネスホテルにチェックインした後繁華街で飲み歩きホテルで朝まで過ごすのを確認。
後日、追加契約の身上調査にて女性が既婚者であり夫と2人の子供、夫の両親と同居しており、依頼人の夫の会社の取引先に勤務している事等が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数5日間 
調査料金合計 575,000円
事例番号29
調査日数 7日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 770,000円
兵庫県 
依頼人は夫の携帯電話の履歴より夫が浮気している事と浮気相手の名前を知り、問い詰めると逆切れをして別居すると言って家を出てしまった為調査を依頼。
夫の勤務先より調査を開始したところ、勤務先から車輌で出た夫は街外れの駅の駐車場に車輌を停め、徒歩で移動して付近のアパートの1室に入るのを確認。
夫が入る前から部屋には明かりが点いていた為、他の人物が在室していたと判断された。
翌朝、夫が出勤の為に同室から出た数分後、若い女性が部屋から出てアパート敷地内に駐車されていた車輌に乗り込み某総合病院に出勤するのを確認。
その後の調査で夫と女性は同アパートで同棲している事、女性の実家所在地等の特定に至った。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査
調査日数7日間 
調査料金合計 770,000円
事例番号30
調査日数 6日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 660,000円
和歌山県 
海鮮居酒屋でパート勤務する妻の帰宅が遅い事に疑念を抱き調査を依頼。
店舗閉店後、妻は車輌で出るが帰宅せず海沿いの防波堤に囲われた暗がりに停車。程無くして男性が運転する車輌が来て妻車輌の横に停車すると妻はその車輌に乗り込み車内で1時間以上過ごす。
男性車輌はパート先店舗に停まっていた車輌であり、同僚である事は明白であった。
その後の調査で同男性とのラブホテル利用を2回確認し、また、同男性がパート先店舗のオーナーである事が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名2台
調査日数6日間 
調査料金合計 660,000円
事例番号31
調査日数 14日間
依頼目的 DNA検体採取調査
調査料金 1,650,000円 ※遠隔地特別料金
広島県 
依頼人の娘が結婚を前提に交際していた男性の子供を出産したが、男性は急に「子供は自分の子ではない。」と主張し婚約を破棄して直ぐに別の女性と結婚した。
依頼人は裁判を起こし裁判所指定の鑑定所にて子供と男性のDNA鑑定を実施したが「父子の可能性無し」との不本意な結果が出た。
依頼人は別の鑑定機関での鑑定を行なう為、男の検体採取を弊社に依頼。
1週間かけて軽貨物ドライバーである男性の勤務状況、使用車輌、配達ルート等を徹底的に把握して検体採取可能なタイミングを模索した上で男性のタバコの吸殻の入手に成功。
以後、数点の検体を採取すると共に、調査期間中に男性家族は新築の戸建住宅に移転した為、新居の所在も判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査
調査日数14日間 
調査料金合計 1,650,000円
事例番号32
調査日数 7日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 770,000円
大阪府 
長期出張で家を空ける事が多い依頼人は妻の浮気を以前から疑っており、自身の出張スケジュールに合わせて調査を依頼。
飲食店チェーンでパート勤務する妻の行動調査の結果、パート先の若いエリアマネージャーの男性と頻繁に接触している事が判明した。
日中から待ち合わせてパチンコ店等で遊び回り、男性のマンションに深夜まで入り浸り、また、大学生である依頼人の息子と3人での外食、三重県の男性の実家に2人で出入りする等、予想をはるかに超える頻度と内容の接触状況を確認する結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査・2名2台
調査日数 7日間 
調査料金合計 770,000円
事例番号33
調査日数 10日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 1,050,000円
兵庫県 
単身赴任中の依頼人が抜き打ちで自宅アパートに帰宅すると、見慣れない男性物の衣類が洗濯されているのを見付け調査を依頼。
20代の妻は子供等を近くの自身の実家に預けてカラオケ店へアルバイトに出掛けているが、調査3日目で妻がアルバイト先から男性と一緒に出てそのまま自宅アパートに2人で入るのを確認。
男性は昼夜を問わず依頼人宅に入り浸り、妻が買い物や子供等の送迎に出ている間も1人で居座り、幼い子供等もそれが当たり前の様に生活していた。
調査中、男性が自身の実家に帰る場面をキャッチし、所在が判明。また、男性はアルバイト先の店長である事が分かった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査・2名1台
調査日数 10日間 
調査料金合計 1,050,000円
事例番号34
調査日数 5日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 675,000円
大阪府 
自営業を営む夫が頻繁に外泊する事に不審を抱き調査を依頼。
業務後の夫の尾行を行なったところ、自宅から数キロしか離れていないマンションの敷地に車輌を停め、その一室に入るのを確認。
暫くすると40代女性が運転する車輌が夫の車輌の前に停車し、女性は夫が入った部屋に入室した。
女性と夫は同室で一夜を過ごし、早朝に一緒に出て夫々の車輌で走り出た為女性を尾行して所在が判明。
翌日以降も2人が毎日の様に同マンションで接触するのを確認し、その後の調査で女性の勤務先と、女性には夫と中学生の子供が居る事、マンションは逢引の目的で夫が借りている事等が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査・2名2台
調査日数 5日間 
調査料金合計 675,000円
事例番号35
調査日数 4日間
依頼目的 娘の素行調査
調査料金 500,000円
大阪府 
週に4日ドラッグストアで短時間のアルバイトをしている20代の娘がアパレル関連の店でのアルバイトも掛け持ちする様になるが、その店名等を言わず、また両親に対しお金の無心をする様になった為、不審に思い調査を依頼。
ドラッグストアの勤務を終えた後、車輌で移動した娘は県道沿いの駐車場に停車後、付近の店舗付2階建て住居へと入った。
店舗には屋号を示す看板等は一切出ておらず、業種は不明だがカーテン越しに多数の衣類が下げられているのが見て取れた。
その後の調査で同店は中年男性が1人で経営しており、安価に仕入れた古着を補修して転売している事が分かった。
営業規模は人を雇える様な余裕は無いと判断され、その後の行動調査で依頼人の娘が男性に金銭を貢いでいると推測される結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査
調査日数 4日間 
調査料金合計 500,000円
事例番号36
調査日数 7日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 770,000円
滋賀県 
神社の宮司である夫が頻繁に外泊する為調査を依頼。
調査初日、業務終了後に尾行を行なうと夫は神社職員と思われる20代女性と接触し、2人は夫の車輌に乗りレストランで食事をした後、ショッピングモールの駐車場で長時間過ごし、その後女性を送っていった為女性宅が判明する。
翌日以降の調査に於いて県内のホテルでの宿泊、京都への旅行、ラブホテル利用等、複数の異性関係の証拠が得られる結果となった。
後日依頼人に確認を取ると、女性は神社の巫女として働く女性の1人である事が分かった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査 2名2台
調査日数 7日間 
調査料金合計 770,000円
事例番号37
調査日数 10日間
依頼目的 弟の所在及び再婚相手の身上調査
調査料金 440,000円
奈良県 
50歳になる依頼人の弟は前妻と離婚し数ヵ月後に30代女性と再婚したが再婚相手に会わせようとせず、新居の所在も明らかにしない事に不信を抱き調査を依頼。
手掛かりとなる情報は「再婚後の新本籍地」「辞めているかも知れない弟の勤務先」「弟の車輌情報」のみであった。
情報収集の結果、弟は情報の勤務先に現在も勤務している事が判明し、尾行に拠り新居であるアパートを特定。再婚相手女性の勤務先も判明した。
新本籍地に於ける現地取材調査に依り同所は元々再婚相手の実家であり両親と弟と共に暮らしていたが、両親は離婚し現在は父親と弟夫婦のみが住んでいる事が判明。
母は離婚後他の男性と再婚し別の場所に新居を構えており複雑な家庭環境が再婚の足枷になる事を警戒して依頼人側との接触を敬遠したものと推測される結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査
調査日数 10日間 
調査料金合計 440,000円
事例番号38
調査日数 2日間
依頼目的 盗聴器盗撮器発見調査・身辺警護
調査料金 440,000円
神奈川県 
神奈川県のマンションで独り暮らしをする50代の女性は常に周囲から見張られている様な被害妄想を抱き、相談を受けた宮城県の実家に住む兄より解決策の依頼を受ける。
住環境を変える為の一時的な実家への避難と転居時に同行し異常が無い事で本人を安心させる事を提案する。
マンション内に盗聴器等が仕掛けられていない事を示した上で荷物を運び出し、弊社スタッフが運転するワンボックス車で荷物と女性を宮城県に運搬。
女性は安心して実家に滞在する事となった。
詳細プラン説明
調査費用
盗聴器発見75,000円
盗撮器発見30,000円
身辺警護2日間 400,000円
調査料金合計 505,000円 ※遠隔地特別料金
事例番号39
調査日数 7日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 740,000円
大阪府 
建設会社を経営する夫は妻である依頼人に必要最小限の生活費しか渡さずゴルフや旅行に明け暮れていた。
夫の所持品に避妊具と精力剤を見付けた事に拠り浮気を確信し調査を依頼。
調査初日、夫は車輌で兵庫県内の住宅地へ行き同年代の女性と接触。そのまま京都市内へと走行して女性と共にシティホテルに宿泊した。
翌朝ホテルから出た夫と女性は滋賀県内のゴルフ場へ行き、その後京都市内のラブホテルを利用。
以後の調査で女性の所在及び勤務先の特定と共に複数の接触証拠を得たが、女性は夫の会社に出入りする保険の外交員であり依頼人と何度も面識の有る人物である事が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査7日間50時間パック・460,000円 増員1名25,000円×7日
車輌増台15,000円×7日
調査料金合計 740,000円
事例番号40
調査日数 7日間
依頼目的 妻の浮気調査
調査料金 700,000円 ※弁護士特約割引適用
京都府 
依頼人の妻は毎週末、幼い子供を依頼人に押し付け、女子会等の名目で着飾って外出をする為携帯電話をチェックしたところ、複数の男性とのLINEのやり取りと、男性用エステサロンでアルバイトを行なっている事が分かり弁護士を通じて調査を依頼。
尾行調査の結果、妻は土曜日に京都市内のエステサロンで19時まで勤務し、サロンの客複数名と愛人契約を結び日曜日にホテル等で逢瀬を重ねている事が判明した。
また、妻が勤務するサロンに客として入り内偵調査を実施したところ「特別コース」と称して性的サービスを行なっている事が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査2名1台
調査料金合計 700,000円 ※弁護士特約割引適用
事例番号41
調査日数 7日間
依頼目的 夫の浮気調査
調査料金 740,000円
兵庫県 
フリーのWEBマーケターである夫が同業者女性と親密な関係である事に気付き調査を依頼。
調査の結果夫は同業のシングルマザーである女性宅に頻繁に入り浸り、休日には女性の娘(小学生)と3人でショッピングや温泉施設に出掛けている姿を確認した。
同時に夫は同女性との接触だけでなく、店舗型やデリバリーの風俗店等を昼夜問わず複数回利用している事も判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査7日間50時間パック・460,000円 増員1名25,000円×7日
車輌増台15,000円×7日
調査料金合計 740,000円
事例番号42
調査日数 6日間
依頼目的 ストーカー行為証拠撮り調査
調査料金 660,000円
京都府 
依頼人女性は、行き付けのバーで知り合った男性と親しくなったが相手を知るにつれて性格に気味悪さを感じた為、絶交し電話番号も着信拒否にした。
ところがその後、深夜に度々公衆電話から無言のいたずら電話が入る様になり、やがて依頼人の仕事関係者の携帯電話にも入る様になる。
最終的に依頼人の職場や取引先等に依頼人を誹謗中傷する怪文書が送られた為、事態を重く見て調査を依頼。
バーで知り合った男性を犯人と想定して尾行調査を実施したところ、男性は仕事から帰宅後頻繁に近所の飲み屋で深夜まで酒を飲み、帰宅途中に有る公衆電話ボックスに複数回立ち寄るのを確認。
その時刻が依頼人や関係者にいたずら電話が入った時間と悉く合致した為、最終段階で特殊カメラを使用して電話番号をプッシュする手元を撮影し、依頼人等に無言電話を掛けている証拠を押さえ結果となる。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査6日間
調査料金合計 660,000円
事例番号43
調査日数 3日間
依頼目的 夫の浮気調査 ※詐欺探偵社被害案件
調査料金 337,500円
兵庫県 
依頼人女性は「完全成功報酬制・証拠が取れなければ0円」という某探偵社のHPの記述を鵜呑みにして女性の相談担当からは明確な説明を受けないまま55万円の費用が記された契約書にサインをしてしまう。
契約から2ヶ月が経過しても報告は一切無く、代わりに男性からの電話で事務所に呼び出され「結果が知りたければ費用を支払え。」と言われ支払うが、数週間経過しても報告が無い為不安になり、知人に相談し弊社を紹介される。
典型的な悪質手法と判断し弊社より弁護士を紹介。
実際に調査は一切行なわれておらず、全額返金させる事が出来た。
弁護士費用との差額に近い費用のプランにて調査を実施し、夫と浮気相手の接触証拠と浮気相手の所在を突き止める結果となった。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査3日間
調査料金合計 337,500円 ※弁護士特約割引適用
事例番号44
調査日数 3日間
依頼目的 夫の所在及び浮気調査
調査料金 375,000円
京都府 
再婚同士で結婚した夫には前妻とは別に内縁の妻が居た。
依頼人との再婚後も関係が継続している事が分かり、弁護士に依頼し裁判にて接触禁止の合意書を交わし、夫とはスマートフォンの位置情報を共有する事になった。
ところが夫はその1ヵ月後「一人で考えたい。暫く会社の近くのアパートを借りてそこに住む。」と言って家を出て帰らなくなる。
位置情報は勤務先を出た後数キロ北側の団地が建ち並ぶ一帯で止まり、1時間ほどで反応が途絶え、翌朝反応が復活した後に勤務先に移動している動きの毎日だが諸々の状況より不自然だと考え調査を依頼。
勤務先から車輌で動いた夫は反応の有った団地の一室に入るが玄関内に何かを置くと再び車輌に乗り込みそのまま元内縁の妻宅へと向かった。
後日の調査に於いても元内妻宅より出勤し同宅に帰宅するのを確認。団地の一室は勤務先が借り上げている仮眠室であり、スマホのみを置く事でそこに帰宅している様に見せ掛ける工作的な動きである事が判明した。
詳細プラン説明
調査費用
行動調査・2名1台
調査日数 3日間 
調査料金合計 375,000円

浮気調査は違法はありません

パートナーの浮気、夫の不倫、妻の不倫は、しっかりした調査力のある、あかつき総合調査事務所へ

不倫・浮気・不貞の確認に関する調査は違法ではありません。
恋人、配偶者が浮気、不倫をしていれば、調査会社に調査を依頼し、 あなたがその事実を確認する。 その事実を元に話し合いや法的手続きをするのは当然の権利です。 決して探偵・興信所に調査を依頼する事は違法ではありません。 私たち暁総合調査事務所では平成19年6月1日付にて本社所在地である大阪府公安委員会に探偵業の業務適正化に関する法律に第4条第2項により探偵業の届出を済ませています。
大阪府公安委員会届出 第62072631号

浮気調査を依頼する意志を明確にしましょう。

  • 1.本当の事実をきちんと知りたい。
  • 2.何らかの理由で自分が浮気の証拠を掴む事が出来ない。
  • 3.確実な浮気の証拠を残しておきたい。
  • 4.浮気相手に慰謝料請求をしたい。
  • 5.離婚にあたって確実な不貞の証拠が必要。
  • 6.逃れようのない不貞の事実を相手に突きつけたい。

間違いのない探偵・興信所の選び方

間違えていませんか?!あなたの探偵・興信所選び 実際弊社で50万円相当の調査を200万円~300万円懸けて調査される方の殆んどは見栄えの良いホームページやデカデカと打たれた電話帳広告の業者などに調査依頼されています。今、依頼される前にこのページを読まれている方はある意味調査依頼、探偵社の選び方を理解した上で選べる事が出来ると思います。決して、見栄えだけで調査会社を選ぶと後々大変な目に遭います。それは間違いありません。そして、必ずしも不貞の事実を確認し、離婚や慰謝料請求するのに調査を依頼する必要はないのです。

浮気調査、離婚調査は大阪市あべの、あかつき総合調査事務所で

メールで離婚や、浮気に関するご相談されたい方:お悩みの内容をメ―ルにてお聞かせください。メール確認後、こちらからご連絡させていただきます。
■秘密厳守■
執拗な勧誘などは一切致しません。ご安心ください

夫の浮気、妻の浮気は『あかつき調査事務所』へまずはメールで無料お悩み相談。

お電話・メールにて、お悩みの内容、探偵に依頼したいと思っている内容を教えてください。

ページの先頭へ