裁判離婚に関する浮気調査・証拠収集のことは探偵・興信 暁総合調査事務所へ
大阪から全国に調査展開する探偵事務所です。浮気調査・不貞確認調査に絶対の自信があります。

大阪 探偵 調査事務所 浮気調査 素行調査 ストーカー対策 結婚調査 家出捜索 身辺警護など各種探偵調査を得意とする探偵・興信 暁総合調査事務所総合案内

各種探偵調査

浮気調査
素行調査
ストーカー対策
結婚詐欺調査
家出捜索
所在調査
企業調査
身辺警護
盗聴・盗撮器発見
ペット捜索
いじめ調査
犯罪証拠収集調査
鑑定調査
防犯機器取付・販売

探偵調査 相談メール
女性専用ページ
特定商標表記
サイトマップ
リンク集
悪質探偵社の手口

浮気調査
離活(離婚活動)に
関する情報
離婚とお金
離婚と子供
離婚後の生活
協議離婚
調停離婚/審判離婚
裁判離婚
各公共機関の
問い合わせ一覧
配偶者
暴力支援センター
犯罪被害者
給付金について
全国の弁護士会
全国家庭裁判所
全国簡易裁判所
全国の検察審査会
全国児童相談所
全国の動物保護所
不倫、浮気や性格の不一致などで離婚する際、浮気調査などで不貞の証拠を掴み双方で話し合った結果、 離婚合意に至らず、更に離婚調停などでも成立しなかった場合離婚訴訟を起こす事が出来ます。
下記は裁判離婚に関する法令を抜粋したものです。

<裁判離婚>
裁判離婚とは
調停が離婚できなかったら、離婚訴訟を提起することになります。
裁判を起こす前には、必ず調停を申立てなければなりません。
裁判で離婚が認められるためには@配偶者に不貞な行為があったときA配偶者から悪意で遺棄されたときB配偶者の生死が3年以上明らかでないときC配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないときDその他婚姻を継続し難い重大な事由があるときのどれかに当てはまる必要があります。
配偶者の不貞
不貞行為とは、配偶者以外の人と性的関係を持つことをいいます。
配偶者の不貞を原因に離婚訴訟を起こす場合、訴える側が不貞の事実を立証しなければなりません。そこで不貞の証拠を集めておくことが必要です。不貞の証拠となるものとして@配偶者の行動を詳細に記録した日記A不貞を認める発言を録音したものB2人でホテルに入っていく写真C探偵・興信所・調査事務所の報告書D第三者の証言E手紙F電話の通話先明細G一緒に写っている写真Hメールや携帯メールがあります。
悪意の遺棄
理由もなく家を出て行き家族をほっておくと離婚原因になります。
強度の精神病
回復の見込みがない場合、離婚が認められる場合があります。
生死が3年以上明らかでない
3年以上生死不明の状態が続いたら、裁判で離婚ができます。
婚姻を継続し難い重大な事由がある場合
@性格の不一致A配偶者の家族と折り合いが悪いB暴力を受けているC言葉の暴力を受けているD子供ができないE妻が実家に入り浸り、夫がマザコンF宗教活動にのめりこむG性交渉を拒否されるH性の不一致I配偶者が同性愛者だったJギャンブルにのめりこむK浪費がひどく、多額の借金があるK配偶者が働かないなどがあります。
お知らせ
特定商取引の表示
ストーカー被害や、離婚問題等によるDV被害、家庭内暴力家族の失踪などで既に事件に巻き込まれている可能性がある場合は直ちに下記の全国の警察署一覧より所轄警察署に問い合わせ、相談して下さい。民事不介入により対応して貰えない場合は私達が探偵調査技術を駆使して対応致します!
全国の警察署
北海道 青森県 岩手県
秋田県 宮城県 山形県
新潟県 福島県 茨城県
栃木県 群馬県 千葉県
埼玉県 山梨県 東京都
神奈川 静岡県 愛知県
長野県 岐阜県 富山県
石川県 福井県 三重県
兵庫県 奈良県 滋賀県
京都府 大阪府 和歌山
香川県 徳島県 高知県
愛媛県 鳥取県 島根県
岡山県 広島県 山口県
福岡県 佐賀県 長崎県
大分県 熊本県 宮崎県
鹿児島 沖縄県
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。
著作権は探偵・興信 暁総合調査事務所またはその情報提供者に帰属します。
Copyright Akatuki Investigation All right reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.