離活・離婚に関する浮気調査・証拠収集のことは探偵・興信 暁総合調査事務所へ
大阪から全国に調査展開する探偵事務所です。浮気調査・不貞確認調査に絶対の自信があります。

大阪 探偵 調査事務所 浮気調査 素行調査 ストーカー対策 結婚調査 家出捜索 身辺警護など各種探偵調査を得意とする探偵・興信 暁総合調査事務所総合案内

各種探偵調査

浮気調査
素行調査
ストーカー対策
結婚詐欺調査
家出捜索
所在調査
企業調査
身辺警護
盗聴・盗撮器発見
ペット捜索
いじめ調査
犯罪証拠収集調査
鑑定調査
防犯機器取付・販売

探偵調査 相談メール
女性専用ページ
特定商標表記
サイトマップ
リンク集
悪質探偵社の手口

浮気調査
離活(離婚活動)に
関する情報
離婚とお金
離婚と子供
離婚後の生活
協議離婚
調停離婚/審判離婚
裁判離婚
離婚する際、夫婦から他人となり戸籍上別々になります。
その際に書類上様々な手続きが必要になり、状況によっては様々な家庭支援制度を受ける事ができます。
下記は離婚後の生活に於いて必要な法令を抜粋したものです。
<離婚後の生活>
はじめに
離婚をすると、戸籍の筆頭者でない人がその戸籍から取り除かれます。夫が戸籍の筆頭者になり、妻が夫の姓を名乗る場合、妻が戸籍から除かれます。その場合妻は、@新しい戸籍をつくるA結婚前の戸籍に戻ることができます。但し、@離婚後も、結婚時の姓を使い続ける場合A両新の死亡、兄弟姉妹の結婚などで、既に結婚前の戸籍が除籍になっている場合B子供を母親の戸籍に入れる場合結婚前の戸籍に戻ることはできません。
離婚届と同時に、あるいは離婚の日から3ヶ月以内に離婚の際に称していた氏を称する届を市区町村役場に提出することによって離婚の際に称していた姓を使いつづけることができます。
離婚後の氏と戸籍
両親が離婚すると、子供は離婚前の戸籍に残ります。子供の姓を母親と同じにして、かつ母親の戸籍に入れたい場合、家庭裁判所に申立をして、子供の氏を変更する許可を得る必要があります。
市区町村役場に入籍届を提出
子の氏を変更する申立は親権者が行います。母親が親権者でない場合、母親が子の氏の変更許可の申立をすることができないので、親権者である父親に申立をしてもらうことになります。子供が15歳以上になれば、子供が氏の変更を申立てることができます。
再婚について
女性は離婚から6ヶ月間は再婚できません。
子連れで再婚する場合、子供を再婚相手の戸籍に入れるには再婚相手と子供を養子縁組をさせる必要があります。
離婚後の家庭支援制度
児童扶養手当
児童育成手当て
医療費助成制度
税の軽減措置
交通機関の割引
児童育成手当て
預金利子非課税制度
ニュー福祉定期預金
健康保険の手続
健康保険の手続
国民年金種別変更の必要
クレジットカードなどの名義変更
年金の手続
専業主婦の離婚後の年金は国民年金のみ
2007年4月から年金分割制度
2008年4月以降の年金分割制度
お知らせ
特定商取引の表示
探偵・興信
暁総合調査事務所
所属団体
社団法人 日本調査業協会
内閣総理大臣が
許可する
社団法人
日本調査業協会
社団法人 大阪府調査業協会
大阪府知事が許可する
社団法人
大阪府調査業協会

ストーカー被害や、離婚問題等によるDV被害、家庭内暴力家族の失踪などで既に事件に巻き込まれている可能性がある場合は直ちに下記の全国の警察署一覧より所轄警察署に問い合わせ、相談して下さい。民事不介入により対応して貰えない場合は私達が探偵調査技術を駆使して対応致します!
全国の警察署
北海道 青森県 岩手県
秋田県 宮城県 山形県
新潟県 福島県 茨城県
栃木県 群馬県 千葉県
埼玉県 山梨県 東京都
神奈川 静岡県 愛知県
長野県 岐阜県 富山県
石川県 福井県 三重県
兵庫県 奈良県 滋賀県
京都府 大阪府 和歌山
香川県 徳島県 高知県
愛媛県 鳥取県 島根県
岡山県 広島県 山口県
福岡県 佐賀県 長崎県
大分県 熊本県 宮崎県
鹿児島 沖縄県

各公共機関の
問い合わせ一覧
配偶者
暴力支援センター
犯罪被害者
給付金について
全国の弁護士会
全国家庭裁判所
全国簡易裁判所
全国の検察審査会
全国児童相談所
全国の動物保護所
正当なCSSです!
調査会社選びは探偵WEB 探偵社選びは探偵リンク 探偵たん
探偵で検索
ドットコム
離婚-探偵-行政書士案内ネット 探偵・興信所情報

このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。
著作権は探偵・興信 暁総合調査事務所またはその情報提供者に帰属します。
Copyright Akatuki Investigation All right reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.