結婚詐欺調査・婚前調査

まさか自分が結婚詐欺に遭ってるなんて誰も考えません。

交際相手から騙されている。結婚詐欺にあっているなんて誰も考えません。新聞で報道される結婚詐欺事件は氷山の一角でしかありません。 出会い系サイト、お見合いサイト、お見合いパーティ、交際クラブ、婚活・再婚・パートナー探し。 携帯電話、インターネットの普及により誰しもが様々な手段で交際相手や結婚相手探しを出来る時代の中で年齢性別関係なく、 結婚詐欺、交際詐欺の被害に遭われている方が沢山います。 けっして誰しもが最愛の人となる人かも知れない相手と出会い、疑って懸かる事などありえません。 過去、結婚詐欺調査、婚前調査に於いて弊社で行った調査結果を目の当たりにして驚愕した依頼人の表情は数知れません。

  • 婚約者の本当の事実をきちんと知りたい。
  • 婚約者の不審点を自分で調べる事が出来ない。
  • 婚約者の確実な浮気の証拠を残しておきたい。
  • 婚約者に慰謝料請求をしたい。
  • 挙式前の婚約破棄にあたって確実な不貞の証拠が必要。
  • 婚約者に逃れようのない虚偽の事実を突きつけたい。

自分を疑うのです!

出会った相手に一目惚れや好意を寄せているのに相手を調べる、身上を調査するという行為に抵抗や戸惑いはあると思われます。 しかし、相手に興味を示し、好意を寄せるその感情を逆手に取り結婚詐欺師や詐欺集団は被害者を貶めるのです。 出会い系や交際掲示板など本来男女の出会いにあり得なかった交際サービスが提供される事になり、相手を疑うのではなく、 好きになった人と出会ったことに間違いがないのか?自分の目に狂いはないのか?を見定める為に調査をする事をお勧め致します。

結婚詐欺容疑の男逮捕の調査事例はこちら

結婚詐欺調査の裏付けを元に結婚詐欺事件の容疑の男逮捕!
被害女性からの御依頼により結婚詐欺で逮捕された男性の調査を実施し、素性を偽り、被害女性から金銭を騙し取っている証拠と裏づけを取り、告訴、逮捕に至りました。 インターネットの出会い探しや、結婚相談所などで出会った異性から結婚などを口実に詐欺被害やトラブルに遭われている被害男性や女性は沢山いらっしゃいます。
「あれ?」「もしかして!?」と思われたら私たちに御気軽にご相談ください。

あべの探偵調査

結婚・結婚詐欺に関する調査・結婚前の調査料金プラン

結婚詐欺被害や交際相手の探偵調査に関する基本的な価格表です。 交際相手に関する悩みや詐欺被害経緯をお伺いした上で判りやすく必要な探偵調査のプランをご説明させて頂きます。又、調査内容の組み合わせや複数日数のお申し込みにより契約割引が適用されます。 下記項目に無い探偵調査も承ります。ご相談ください。

標準のテーブル

婚約者の素行、行動調査 1日5時間 2名1台 
100,000円
貴方の居ない場所での婚約者の素行や行動を調査
基本料金調査パック 1日 1名1台 
40,000円~
貴方の知らない婚約者の過去や現在を調査
婚約者の身上調査 1項目 40,000円 7時間までの浮気調査
異性関係調査5日間
パック
5日×5h 1名1台 
367,500円
婚約者に貴方以外の異性が存在しないか5日間連続調査
ブライダルパック 500,000円 婚約者の身上調査+素行調査3日間

調査費用の分割も可能です。ご相談くださいませ。

結婚・結婚詐欺プラン・過去事例

あなたが婚約者の不審点を調査会社に調査を依頼し、あなたがその事実を確認する。 その事実を元に話し合いや婚約破棄、法的手続きをするのは当然の権利です。 決して探偵に調査を依頼する事は違法ではありません。 やっぱり調べておけばよかった。そう、思い後悔された方の事例です。

  • 同時進行で別に異性がいた。複数の異性関係を持っていた。浮気性だった
  • 結婚前より多額の借金があった。
  • 過去を偽り、結婚歴があった。
  • 結婚詐欺だった。戸籍を変えるのが目的だった。
  • 過去の離婚理由が嘘であった。DVや借金が理由で離婚していた。
  • 子供がいた。離婚、再婚を繰り返していた。
  • 親の面倒を見なければいけなかった。家族に借金があった。
  • 職業を偽り、違う職業をしていた。無職だった。
  • 金銭感覚が違い、浪費家であった。自分の財産を目当てにしていた。ギャンブル癖が有った。

在り来たりかもしれませんが、上記の項目は男性だけに言える事では無く、女性にも言える事なのです。昨今の依頼件数の男性、女性の依頼者の比率は殆んど同じです。結婚前に知る事が出来れば色んな意味で対処する事が 出来ます。昨今、欧米諸国では婚前調査は当然となりつつあります。 決して恥ずかしい事や、相手を裏切る行為ではありません。


実際に当調査事務所に御依頼頂いた結婚、結婚詐欺、婚約者に関する調査の事案とそれに懸かった調査料金を ご紹介致します。 一言に結婚調査、結婚詐欺調査と言えども様々な状況があり、それに伴った調査プランを提案させて頂いております。 事例番号の横には御依頼者が希望していたご予算、実際の調査日数、目的、実際の調査費用を掲示しています。 私の場合は?と気になる方はお気軽にフリーダイヤル、相談フォームからお問い合わせください。

事例番号01

希望予算
100万円
実調査日数
15日間
依頼目的
娘の婚約者の素性
実調査料金
725,000円

愛知県 M様(52才 会社役員)の場合
名古屋市内の商社の会社役員をするMさんは短大を卒業して間もない娘さんより二重のショックを打ち明けられた。 高校卒業後より飲食店でアルバイトをしていると言っていた娘さんが実はキャバクラでバイトをしており、最近移った店の店長と結婚をしたいと言い出したのだ。仕事上の接待等でも当然行った事のあるキャバクラ。接客を受けながら、それとなく働く理由を女の子たちに聞きながら、「自分の娘にはこんな所で働かせたくない!」と何度も思った事があったが、まさか本当にバイトしているなんて。それだけでも気が遠くなるのに、よりにもよってその店の店長と結婚すると言い出したから、飛んで行きそうになる自分の意識をしっかり持ちながら、娘より相手の男性の話を聞く。24歳の店長は身寄りがなく、十代の時から水商売の道に入り、最近ようやく自分の店を持つ事ができ、生活も安定しだしたという。店長とは面接に来た時から只ならぬものを感じ、信頼しあえる関係になるのに時間は懸からなかったと言う。一念発起して打ち明ける娘の話に強い意志を感じながらも、娘の口から出る言葉に耳と心が締め付けられる思いをしながら、「それじゃ、近々彼と家族で食事をしよう。」と軽く受け流しながら、腸が煮えくり返る思いを押し留めたという。妻の横顔を見ると「貴方の娘だから。」というような、それでいいのか!と突っ込みたくなるような、諦め顔。取引先の弊社に依頼をした事があった営業部長より連絡先を聞き、電話されてくるのにそう時間は懸からなかった。娘さんから聞いたバイト先の店長のプロフィールを基に身上調査と実際の店長の素行調査を実施する。独自調査に於いて調査した結果、年齢は詐称して29才。しかも1年半前に結婚しており、子供もいる。住んでいるマンションの聞き込み調査を実施すると、家賃は滞納気味で大家と廊下で言い争う事もしばしば、1歳の子供がいるのに、1度姿を見ると奥さんと子供の姿は見るが数週間対象者の姿を見ないことはざらにあるという。勤務時間帯が逆転しているからではないのか?との問いに近隣住民は自宅にいる時は朝方酔っ払って大きな音を立て帰って来るし、昼から大音量でテレビ、ステレオを点け夫婦喧嘩をしているのですぐ分かるという。同時進行で5日間の勤務先からの対象者の写真撮影と勤務前と勤務後の素行調査を実施すると、自宅以外に依頼者Mさんの娘さんと住むワンルームマンションの他に他店のホステスと住むマンションを確認する。全てを報告するのに気が咎めたが、Mさんに報告すると顔色は上がったり下がったり、なにも知らずに婚前に半同棲状態の娘の心中を察するととうとう、涙顔。弁護士を交え訴訟も視野に入れた形で相手と話をすると言う。

婚約者の素行5日間
350,000円
調査員増員5日間
75,000円
婚約者の身上調査
300,000円
実調査料金
725,000円

事例01の調査について

結婚問題に親子が絡むのは当然の事。結婚する本人の知らぬところで親御さんが調査を依頼する事は巷の昼ドラではありませんが、昔から至極当然の様にあります。そして、本件の様に調査する事により若い当人が知らぬ事実を親御さんが知り、大事に至らぬ前に事なきを得る場合がございます。昨今の世間では娘、息子が結婚する相手を結婚まで知らない親御さんが増えつつあります。不法滞在外国人や借金債務から逃れる為の戸籍取得を目的とした偽装結婚など、結婚を利用した犯罪は昨今、水面下で被害件数は増え続けています。貴方は子供さんの事をどの程度、知っていますか?貴方は子供さんの婚約者をどれだけ知っていますか?大切な人生の選択を親だからこそ手助けしあげる事ができる一つの手段とお考えになられても良いと思われます。本件の調査プランでは対象者の興信調査と共に実際の被調査人の行動を見る素行調査を併せ実施しております。紙の上の文字の羅列では決して知る事のない、対象者の素顔を見る事により婚約者として結婚相手として相応しい人物であるかどうか?を調査します。

婚約者の素行5日間
350,000円
調査員増員5日間
75,000円
婚約者の身上調査
300,000円
実調査料金
725,000円

事例番号02

事例番号
02
希望予算
30万円以内
実調査日数
10日間
依頼目的
再婚相手の素性
実調査料金
210,000円

兵庫県  H様(50才 タクシー運転手)の場合
兵庫県播但地方でタクシーの運転手をするHさんは再婚を考えていた。20代の時に一度結婚するが、すぐに離婚。以降一人暮らしが性に合い50才まで独身を続けていたが、休日に大阪まで行きホテルに呼ぶホテトル嬢と親密な関係になり、1年半以上も付き合いを続けていた。風俗遊びは独身男性の彼からすると後腐れの無い恋愛遊びみたいなものだったが、Aなる女性だけはこれまで知り合った風俗嬢とは全く異なっていた。スポーツ新聞のレジャー欄で興味を引く3行広告を見つけては大阪まで電車で散歩がてらに向かい、ビジネスホテルやラブホテル、街角で待ち合わせをして風俗店の女性と遊ぶのが常だったが、Aは初めて見た時から錯覚に陥るほど、自分好みの女性だった。年の頃は40歳前後、3度程、店に電話をして呼んで会っていたが、会う度に世間話や旅行の事で話が弾み意気投合していった。待ち合わせの際に連絡手段として自分の携帯電話を教えていたが、呼んでもないのに仕事中に直接電話が掛かって来たのは知り合って半年くらいの時だった。勤めていた風俗店が潰れ、次のところが見つかるまで少し暇だから食事でもしないか?と誘ってきたのはAの方からだった。最初は不審に思ったが相手の番号も通知されており、何よりも容姿も会話も自分に合い、長年風俗遊びをしてきたが、風俗嬢からプライベートで食事に誘われた事などなかったHさんはこれも何かの縁と思い。快く誘いを受け、Aとデートに踏み切った。それ以降、1ヶ月に2回から3回のペースで会う様になった。最初は大阪まで通っていたのが、交際が始まり3ヶ月もすると、自分が住む兵庫県の播但地方まで電車を乗り継ぎ会いに来てくれる様になり、自宅に泊まる事もしばしばあった。会が重なるに連れAは自分の生い立ちや出身地を明かし、自分が慢性の内臓疾患で週に一度、通院している事も、離婚歴があり、前夫から追われる身である事も語ってくれた。50の大台に乗ったHさんがAを疑う事なく、信頼するようになったのは彼女の出身地や結婚当時住んでいた場所が自分が行った事のある場所で町並みや周辺の風景や土地柄の風潮等を刻明に話してくれたからであり、また、自宅に来た際に交通費やおこずかいと称してお金を渡しても受け取ろうとしなかったからだった。しかし、その様な事もつかの間、最初に知り合ってから1年も過ぎた頃には一緒にいる時の交際費、自分以外の見ず知らずの男性に抱かれるのが嫌で風俗では無い普通のパートをしてくれと頼み、職が見つかるまでの生活費と称して会う度に10万円~数十万円を渡すようになっていた。又、それとは別にAの方から通院費がないから収入を得るようになれば返すので医療費を貸して欲しい。と頼まれ生活費と別に通院医療代として30万円前後のお金を数回に渡り貸すようになっていた。1年半を過ぎ、一緒に居て長年連れ添っている妻の様に錯覚してきたある日、再婚の話をHさんは切り出した。最初は戸惑っていたAもまんざらではなく、新潟に一人住む母親に話をする為、帰省すると言ってきたのだった。Hさんは支度金ではないが、スムーズに話しが行く様にAに保険を解約した150万円を渡し、快い返事を待っていると言って自宅の最寄り駅まで送って行った。電車に乗り手を振るAを見送り1ヶ月が経ったある日、Hさんは弊社に電話されてきたのだった。総額1100万円近いお金をAに使い込み、調査資料を作る段階でHさんはAの名前と使用していた携帯電話番号、郷里の住所、結婚当時の住所、当時働いていた風俗店の名前しか知らない事に気づいた。Hさんからの情報を基に調査を開始するが、判明したのはAが話した郷里、結婚当初の住所地にAが名乗った姓の家はなく、Aが使用していた携帯電話も全く関係のない他人の名義である事だった。Hさんに残ったのは老後を考え貯金していた1000万円以上のお金が無くなった現実と幻想と過ごした後の焦燥感だった。

興信身上調査
55,000円
基本料金調査パック
155,000円
調査料金合計
210,000円

事例02の調査について

明らかに結婚詐欺です。しかし、自分が結婚詐欺にあっているとすぐに気づく方はそうそう多くはありません。人の好意や恋愛感情を上手くコントロールし、騙していると気づかせないよう上手にお金をむしり取るのが結婚詐欺だからです。この事案では依頼者が知っている被調査人の情報は氏名と携帯電話番号、過去に住んでいたとされる住所等、不確定な情報しかなく、その後の対象者の足取りを追う情報が全くありませんでした。また、対象者は既に行方を眩ませており、依頼者自身の気持ちの中で騙し取られたお金を返済してもらう。法的に対象者を訴えるという気持ちより自分が騙されたというショックが大きく、調査結果判明後に打開策や問題解決の対処に進む意志が萎えてしまった事が敗因と言えるでしょう。何もかも疑って掛かっては本当の意味で最愛のパートナーを見つける事は出来ないかも知れません。しかし、長い人生を共にしていくパートナーだからこそ、包み隠さず話し合い、理解しあえる事が必要だと思います。「えっ!?」「あれっ?」と思った時、相手が話してくれないのであれば、貴方自身の手で調べてみるのも一つの方法かもしれません。

事例番号03

希望予算
50万円以内
実調査日数
15日間
依頼目的
娘の婚約者の素性
実調査料金
500,000円

島根県  A様(55才 主婦)の場合
短大卒業後、大阪に就職した娘から婚約者が出来たとの連絡があったのは就職後2年経った秋頃の事であった。世間の結婚適齢期がどうかは知らないが、地元の娘の友達たちも早くから結婚している者が多く、そろそろというべきかと思いはしたが、娘の話す相手の男性の素性がどうにも判らない。知り合ったきっかけも飲み会とかコンパというお酒の席での事というが、自分の若かった時分にもその様な事は当然あったが、知り合って半年足らずで結婚の話を切り出しているのも、離婚歴があり、聞いた事も無い風呂釜の会社の管理職というのも30歳という若さでどうも気がかりでしょうがなかった。娘からは一応、婚前を大切にしたいとの二人の意向で週末以外はお互いに干渉しないでおこう。との事で双方とも相手の部屋に泊まり込むという事はあまりないという。卒業後、仕送りはいいからと就職してからは逆にお小遣い名目で月々2~3万のお金を送ってくれるくらい出来た娘だからこそ、これまであまり本人の大阪での暮らしや私生活には口は出さなかった。半年に1回くらいのペースで娘の部屋にも遊びに行く事はあったが部屋の中も乱れてもなく、分相応に質素な生活もしていたからだ。しかし、結婚となると別物、興信所に調査を頼むのもどうも、気が乗らないが、仕事場の同僚が息子の結婚相手の調査をして結婚詐欺に騙されそうになったのを事前に阻止できた話しを聞いた事とインターネットで婚約者の会社の名前を打ち込んでもどこからも検索がヒットしなかった時にそれとなく決心がついた。インターネットで弊社のホームページを見つけて頂き、Aさんの話しを聞き、結婚調査のブライダルパックでの調査開始となる。Aさんより娘さんの婚約者の氏名、住所、会社名、連絡先等から身上調査と3日間の素行調査を開始する。調査した結果、娘さんの婚約者は離婚調停中で正式に離婚はしていなかった。住居もウィークリーマンションで風呂釜の会社と言っていたのはリフォーム会社で役職者ではなく、社長以下従業員は全て個人経営の形を取ったフリーランスの営業マンである事が判明する。また、3日間の素行調査で新たに判明した事はAさんの娘さんは昼間はOLをして週末のみ北新地のラウンジでホステスをしていた事が判明する。婚約者の勤務後を尾行した際、Aさんの娘さんのバイト先のラウンジに行きお金を借りに行っていたのだ。調査の報告を受けたAさんよりその後、娘さんの話しを聞かせてもらうと、短大生だった頃からホステスのバイトをしており、その当時から半分不倫関係だった彼と交際を続けてきたのだという。婚約者の男性の職業も、調停中である事も全て娘さんは知っていたが、Aさんに対して快く受け入れて貰いたいが為の嘘だったと涙ながらに告白されたとの事。その後、御主人も交え結婚の方向で話し合っているという。

ブライダルパック
500,000円
調査料金合計
500,000円

事例03の調査について

結婚に関する調査をする事により相手のあら捜しだけが目的だけではない事が本件の調査でお分かり頂けるかと思います。婚約者の素行を見る事と併せ東京や大阪に地方より上京されている息子さん、娘さんの今を見つめる事も可能です。地方でお住まいの方はなかなかお子さんが大都市で一人暮らしをしている状況を垣間見る事は出来ません。結婚や婚約といった話しになる前に自分の子供が現在、離れた土地でどのように生活されているか?を調査する事も可能です。将来を約束された同士だからこそ、親に余計な心配を掛けさせたくない。と思われ、今回の事案の様に親に嘘をつかれる子供さんはたくさんいます。貴方は子供さんの今の姿をご存知ですか?

事例番号04

希望予算
35万円以内
実調査日数
20日間
依頼目的
婚約者の素性
実調査料金
925,000円

東京都  K様(28才 OL)の場合
某上場企業でOLをするKさんは結婚を約束した婚約者Aの事で相談に来られた。他人にはとてもじゃないが言えないがインターネットの出会い系サイトを通じて10ヶ月程前にAと知り合いトントン拍子で婚約にまで辿り着いた。一言で書くとKさんがまるでおかしい様に思えるかも知れないが、昨今、出会い系サイト、お見合いサイトなるインターネットサイトや掲示板を通じて結婚に至るケースは想像以上に多い。そして、それ以上に結婚詐欺の被害はとてつもなく多い。元々出不精で一人娘で両親より厳しく育てられてきたKさんが異性の友達や恋人を見つける為に出会い系サイトを利用するようになるには、そう時間は掛からなかった。学生時分より門限が22:00で、病気がちな母親の手伝いをするKさんが退社後真っ直ぐに帰宅し、家事の手伝いをして部屋に閉じ篭り、インターネットの世界に入り込むのは今時のご時世では極当たり前なのかもしれない。写メール入りで自己紹介が載ったその出会い系サイトでAはいくつもの顔とアドレスを駆使し被害者を増やしていたのは調査後に判明した事だが、Aさんは何気に連絡をとってみたAに僅か1ヶ月で恋愛感情を燃やしてしまった。5~6回のメール交換のあと、渋谷で待ち合わせをして会ったAは32歳という年齢の割には少し若い服装で現れ、また、その服装がすごく似合っていた。活発にハキハキと饒舌に話す姿も初対面で会ったその日から少し怖いけど、どこか面白く、今までに知り合った事のないタイプの男性で、何よりも心打たれたのは「オレも結構出会い系サイトしてきたけど、初めて逢ってこんなに楽しくて、昔から知り合いだったような感覚に陥ったのは初めてだよ。」と言われたからだった。調査後、彼女はこう言った。「彼氏もいなくて、何でも相談出来る親友も居ない私には、もしかして?この人なのかも?って錯覚しました。」「私は別に綺麗でもないし、口下手だから、もし、私と似たような境遇の女性がいたら、多分、同じ事想うと思います。」門限のあるKさんの意向を快く承諾し、その日は食事をして別れたが、帰宅後に「会えてよかった。」とメールを入れるとその日から毎日15通から25通のメールをくれる様になり、2度目に会った時には体を許していた。その時に言ってくれた言葉も...「俺達は出会うべくして出会ったんだと想う。Kがもし考えてくれるなら、結婚を前提に付き合ってほしい。」その言葉は何も疑わずKさんの心に浸透した。しかし、3度目から会う度にすぐにラブホテルに行き、徐々にサイト上掲示しかねる性交渉を重ね(匿名でも御本人の意志を尊重し割愛します。)、6度目からお金を貸す事が増えていき、28才の誕生日にメールで弊社に相談されるわずか10ヶ月の間に総額450万円ものお金をAに貸していたのだった。Kさんとお会いし、お話しを聞いている間恥ずかしさと不安を精一杯殺しながら一生懸命話すKさんに本格的な調査プランを提案するが、当初、Kさんはおかしいと思いながらもどこかAを信じたい。と想う気持ちが強く、調査依頼する事を悩んでいた。しかし、10ヶ月間で450万円のお金を貸した事、ラブホテル内で情事を「会えない時に思い出して見たいから。」とビデオカメラに撮られた事がどうしても気になる為、1週間後、ブライダルパックでの調査を依頼される。契約と同時にすぐにAの調査に乗り出した。Kさんから収集したAの情報を元に調査するがKさんがAから聞いているプロフィールが嘘であるという事が次々と判明する中、Kさんよりメールのやり取りの途中、Aと喧嘩となり別れ話を切り出して婚約を破棄してきた。と連絡が入る。すぐにAと会うように指示を出し、ブライダルパックの素行調査契約を利用し、Kさんと会った後のAの素行調査に乗り出す。Aと会う前にその都度、KさんからAの移動手段を聞いてもらい、体制を整えるが、ことごとくKさんに「電車で行く。」「車で行く。」と話す裏を掻いた移動状況に完全尾行ならずAを見失う状況が続く。明らかに追跡者を撒く為の行動をAはとっている。同時進行で行なった興信調査で虚偽の住所、使用する車、携帯電話も本人の物ではない事を聞き、Kさんは初めて自分が騙されている事に気づき始め追加契約で本格的な調査に乗り出す。弊社の勧めで警察に相談に行くが、キチンと連絡も取り合っているし、お金を返さないとは言っていないのだから、詐欺としては立件出来ない。と言われる。その後のKさんと接触後の素行調査でAの寝泊り先を確認するが、Aの自宅ではなく知人宅である事が判明する。結局、Aは住所不定で離婚歴があり、暴力団らしき人物との関係もある。法の目を掻い潜った詐欺師である事が判明する。事の重大さにKさんが気付いた時には既に遅かった。弊社から両親にも相談するように勧めるがKさんはAの存在を両親には一度も話してなく、況してや上記の様な金銭やビデオカメラでの撮影の事などとてもじゃないが話せないという。再度、違う警察署で相談させ、担当の刑事よりAに電話を掛けてもらい話をしてもらうが、「ちゃんとKと話し合い、お金も返す段取りを取っているところなので口出しはしないでほしい。」と返される始末。現在、Kさんは弊社の紹介した弁護士と訴訟を起こす準備をしている。

ブライダルパック
500,000円
婚約者の素行調査6日間
425,000円
実調査料金
925,000円

事例04の調査について

出会い系サイト、お見合いサイトなど、携帯電話、インターネットを通じた異性との交際での事件は被害者が泣き寝入りするケースが多く、テレビ、マスコミではあまり多く語られませんが、詐欺、恐喝、暴行被害など非常に増えています。被害者の心理を巧みに操り、結婚や婚約という言葉をちらつかせ、男性ならばお金や資産、女性の場合はお金、身体的な被害など、被害内容を第三者に話せない内容なので警察に相談する事が出来ないケースが大幅を締めています。本件のケースでも弊社と御依頼者で調べたところ、対象者は複数のメールアドレスと名前を使い分け様々な出会い系サイト、お見合いサイトに登録していました。人見知りがある人や、口下手な人、家が厳格で人付き合いが少ない人など内気な性格の女性をターゲットにし、ネットの世界で物色していました。又、勇気を出し警察に相談、被害届けを出したとしても法的に抵触するかしないかのギリギリの部分で違法と判断しうる基準値に達していないケースが多数あります。被害者に恋愛感情や信頼を植え付け、心理的に裏付を取らせない部分で陥れてくるのでお一人で全ての証拠を挙げるという事が困難なケースが結婚詐欺の手口です。結婚詐欺であるかないかは、被害者である当人が存在しない部分での対象者の素行を見る事で瞬時に判断出来ます。

必ずしも探偵社・興信所・調査会社に婚前調査を依頼する必要はありません。
実際弊社で50万円相当の調査を200万円~300万円懸けて調査される方の殆んどは見栄えの良いホームページやデカデカと打たれた電話帳広告の業者などに調査依頼されています。他社と比較してください。調査技術、調査力、調査料金では他社には負けません。任せて良かったと満足して頂けれる絶対の自信があります。 調査終了後の法的手続きのお手伝い、アドバイス、弁護士の紹介も致しております。

お問合せサンプルバナーお電話でご相談されたい方:初回は相談無料です。メールで悩み相談メールで結婚詐欺・婚前調査に関するご相談されたい方:お悩みの内容をメ―ルにてお聞かせください。メール確認後、こちらからご連絡させていただきます。
■秘密厳守■
執拗な勧誘などは一切致しません。ご安心ください

お電話・メールにて、お悩みの内容、探偵に依頼したいと思っている内容を教えてください。

ページの先頭へ