迷い犬・迷い猫をお探しの方

ペットがいなくなった時に、まずしておくこと。

  • 1.まずすぐに行政機関(警察署・保健所等)に届出ましょう。
  • 犬、猫、爬虫類などのペットがいなくなった場合、速やかに最寄りの警察署、保健所に届出ましょう。大型犬や特殊な爬虫類などの場合、発見者が通報し、警察で保護したり目撃情報を把握している場合があります。また、小型犬や猫などに関しても不慮の事故などにあった場合、保健所等で遺体を処理したりしている場合があります。また、各都道府県によっては動物愛護センターがあります。もよりにある場合はそちらに相談されることもお勧めします。



  • 2.いなくなった時のペット状態をメモして把握しましょう。
  • 一緒に家にいながら帰って来なくなった。散歩の途中でいなくなった。仕事から帰って来ると、外出先から帰宅するといなくなっていた。様々な状況下でペットはいなくなります。飼主のあなたの前からいなくなった前後の状況を把握する事で、捜索方法やペットの行方が判らなくなった状態が把握できます。細かな状況をメモしご自身でも理解する事により発見に繋がります。



  • 3.いなくなった事に気づいてから最後にペットに餌を与えたのはいつですか?
  • 犬、猫などのペットがいなくなった時、最後に餌を与えたのはいつですか?私達と同じ生き物です。おなかの減り具合で行動範囲が限られてきたり、付近の餌場になるような場所にいる事があります。しかし、野良猫や野良犬など自分の縄張りを持つ動物などが付近に生息している場合、迷い猫や迷い犬はテリトリーから排除される傾向にあります。餌の食べ具合などから得れる情報もペット捜索の一つの手掛かりになってきます。



  • 4.散歩に連れて出るルート、単独の行動経路は確認しましたか?
  • 自宅周囲の散歩経路は捜索されましたか?部屋飼いではない猫などの場合は近所の猫などが集まる場所などで何らかの事情によりうちに戻れない場合などがあります。犬に関しても飼主と散歩に出る経路上の自分が好きな場所にいる場合など、都市型、郊外型などの定住地域により迷ってしまったペットの行動様式が多岐に渡り変化します。一度だけではなく、二度、三度とペットの行動経路を探してみてください。



  • 5.ご近所で同種のペット(犬・猫)を飼われている方に連絡しましょう。
  • ご近所には声を掛けましたか?ペットを飼われていない家庭より、同種の犬や猫を飼われているご家庭には声を掛け情報収集を徹底しましょう。愛犬家などの方は身近な知り合いより範囲を拡大して遠くの公園や地域から順に自宅周辺に声を掛けることにより情報収集網を広げる事をお勧めします。また、小学生、中学生のお子さんがいる家庭などに声も掛けるようにしましょう。動物を可愛がる気持ちは大人も子供も一緒です。自宅でペットを飼えない子供さんが付近の公園や空地などで保護している場合もあります。



ペット捜索料金表

ペットは大切な家族です。 犬や猫、鳥類、爬虫類、もしあなたが大切にしているペットがいなくなったらどうしますか? 弊社では迷子になったペットをあなたの代わりにお探します。

1日基本料金 30,000円
(1日5時間前後 捜査スタッフ1名)1日からお受けします。
※交通費、滞在費用等の諸経費別途必要
犬、猫、鳥類ペットの種類問わず、料金は一律です。
捜査内容
・飼主さまよりいなくなった犬、猫、ペットの行方不明時の状況をお聞きし、現場を検証。 ・居なくなった現場の検証を元に捜索、周辺聞き込みの捜索プランを決定。 ・迷い犬、迷い猫捜索チラシ作成や配布し捜索にあたります。
調査費用の詳細
迷い犬、迷いネコ捜索チラシ作成・配布・貼り付けなど  
A4サイズ100枚10,000円~
■3日間捜索パック(捜索+チラシ作成)90,000円
■7日間捜索パック(捜索+チラシ作成)180,000円

ペット(迷い犬・迷い猫)が居なくなった時、探す前に上記の内容をチェックしてください

ご近所には声を掛けましたか?ペットを飼われていない家庭より、同種の犬や猫を飼われているご家庭には声を掛け情報収集を徹底しましょう。愛犬家などの方は身近な知り合いより範囲を拡大して遠くの公園や地域から順に自宅周辺に声を掛けることにより情報収集網を広げる事をお勧めします。また、小学生、中学生のお子さんがいる家庭などに声も掛けるようにしましょう。動物を可愛がる気持ちは大人も子供も一緒です。自宅でペットを飼えない子供さんが付近の公園や空地などで保護している場合もあります。

覚えておきたい注意点

時間経過が明暗を分けます。
いなくなったペットを探す際、時間の経過が大きな発見率に関わってきます。 弊社で依頼されたペット捜索調査のうち依頼件数の約2割が車道や路上等で車輌に轢かれ死んでいました。 自身でやれる限りのことをして見つからなかった場合、速やかに捜索依頼を検討される事をお勧めします。
発見時、慎重に保護すること。
発見時、ペットは警戒心を持っている場合があります。それはたとえ飼い主であったとしても近寄ろうとしない場合があります。 部屋飼いのペットや特に猫などは外に出て迷子になった状況によっては非常に警戒心が強くなっています。少しづつ距離を詰めて確実に保護しましょう。
同じ過ちを繰り返さないこと。
稀に同じ失態でペットがいなくなったとお問い合わせされる方がいらしゃいます。 見つかる可能性は極めて少ないものです。 ペットの保護管理責任は飼い主にあります。犬、猫、鳥類であれ人間と同じ生き物です。そして人間以上にか弱い生き物です。同じ過ちを繰り返さないようペットの管理を再確認しましょう。
犬種によるが、小型犬及び部屋飼いの犬場合自宅周辺からかなりの距離を離れることは少なく、周辺に潜伏している可能性が高い。また、ペットブームの為、人気種は人に保護(盗られている?)されている可能性が高く、犬の行動範囲を捜索するに併せ、最近犬を飼い始めた家がないか人に聞く事も必要である。また、中型犬、大型犬の場合は目撃率も高く郊外型の立地環境にある方は大型公園、山などを捜索する事を勧める。
部屋飼い、出入り自由に関わりなく猫の場合、縄張り意識が強く、迷子になった経緯の大半が威嚇されたり、外的ショックにより驚き方向も判らぬまま知らない場所に来てしまった場合が特に多い、また、失踪後日数が経つと、夜間猫の習性的に光に向かう傾向があり、車に撥ねられたり、轢かれたりして死骸で発見されるケースが多い。失踪後5日前後が大きな生死の別れ道になる。部屋飼いの猫は特に野良猫とのコミニケーションが取れていない為、近所から外へ外へと弾き出されてしまう傾向にある。
鳥類・爬虫類等
鳥類、爬虫類の捜索は稀にご依頼頂きますが、発見率は非常に低く、殆どが他者に保護されている情報を得て引き取る場合に限られてくる。鳥類の場合、事前に外羽根、中羽根にあたる部分の剪定しておくことを勧める。 また爬虫類などは都道府県によって飼育に関する条例等が定められている場合もあり、絶対に外に逃がしてはいけません。最後まで責任を持って飼いましょう。

全国よりペット捜索のご依頼をいただいてます

もっと詳しく迷い犬や迷い猫、いなくなったペットの捜索について知りたい方、ぺット捜索の調査依頼をご検討される場合はメールまたは、お電話でお問合せください。 あかつき探偵調査事務所は、迷い犬、迷い猫などペット探し調査の実績が他社とは違います! 主なペット探し捜索調査の依頼例: 大阪府下(大阪市内・堺市他)東京都内(23区・八王子他)、愛知県名古屋、北海道、宮崎、大分、奈良、和歌山、神戸、芦屋、山梨ほか 各都道府県にてペット探しのご依頼を頂いております。 迷い犬、迷い猫探しのご相談、ペット捜索調査依頼のお問い合わせはお気軽に当社へご相談ください。

無料迷い猫掲示板

地域別・迷子ペット捜索情報掲示板サイトはこちら【迷い猫NET】

あべの探偵調査

 

お問合せサンプルバナーお電話でご相談されたい方:初回は相談無料です。メールで悩み相談メールでペット捜索に関するご相談されたい方:お悩みの内容をメ―ルにてお聞かせください。メール確認後、こちらからご連絡させていただきます。
■秘密厳守■
執拗な勧誘などは一切致しません。ご安心ください

お電話・メールにて、お悩みの内容、探偵に依頼したいと思っている内容を教えてください。

ページの先頭へ