身辺警護 ボディガード 護衛 警護のことは大阪の探偵・興信 暁総合調査事務所
離婚問題、恋愛トラブル、ストーカー警護から法人企業の取引、債務問題のボディガードまで
大阪,東京,横浜,名古屋,神戸,三重,北海道,姫路,奈良,京都,和歌山,四国,九州,広島,福井,北陸

身辺警護・ボディーガード・護衛のことは暁総合調査事務所へ
専門的知識、技術であなたの問題を解決します。あなたは身辺警護 ボディーガード ストーカー対策に優秀な調査会社をご存知ですか?身辺警護 ボディーガード ストーカー対策のことは探偵・興信 暁総合調査事務所へ御相談 見積りは無料です。

ボディーガード、身辺警護プランのご紹介

はじめに
ボディーガード、身辺警護と一言で言うとすごく大そうなイメージを想像されるかしれませんが、需要と供給は昨今、確実に伸びてきてる項目の一つでもあります。
世間を賑わす、重大事件、時代の風潮と共に起こりうる事象に多かれ少なかれ誰しもが巻き込まれ、被害者になる可能性は持っているのです。個人的な問題での警護が必要な時、ストーカー、DVに於ける身体に危険を及ぼす可能性がある場合、お子様のいじめ問題や高齢者の外出時の警護等様々な状況下で付き添いや秘密裏に対象者の警護を必要とする場面が実際に起きているのです。当調査事務所では日頃の様々な調査事案の中から培った尾行や車輌運行等の高い技術水準と自社独自の身辺警護、ボディーガードに必要な知識、現場観察力、洞察力を磨く訓練を受けたスタッフにより警護、護衛対象者を安全且つスムーズにお守りいたします。

ボディーガード・身辺警護に関する料金表
ボディーガード・身辺警護に関する基本的な料金価格表です。
一言に身辺警護と言っても環境や状況により、構成は違ってきます。
項目の組み合わせや複数日数のお申し込みにより料金割引が適用されます。

一般警護 1日 1名 難易度により 30,000円〜税別
特殊警護 1日 2名 車輌1台 45,000円〜税別
児童登下校警護パック 15日間 登下校のみ 対応1名 150,000円税別
高齢者外出警護パック 1ヶ月 20日間 1日3時間 220,000円税込
ストーカー・痴漢警護 3日間 1日 3時間 対応2名 73,500円税込
←の色帯は下記プラン説明参照
探偵・興信 暁総合調査事務所は身辺警護、ボディガード、護衛、各種調査に自信があります。
昨今お問い合わせが急増しているボディーガード、警護に関する依頼は
様々な事由での御依頼が可能です。
御依頼される経緯に因っては法的な手続き、問題解決に関する追加での調査をする事も出来ます。
まずはどの様なケースでお申し込みされるケースがあるか?ご紹介します。
探偵 1位 いじめや自宅周辺での不審者事件に関する子供の警護
上位7位までのお申し込み
ケースを抜粋しました。
尚、暴力団及び犯罪に関与すると認識される事案の
依頼はお請けできません。
警護 2位 ストーカー、痴漢に関する女性からの警護、ボディーガード
ボディガード 3位 男女間、個人的なトラブルによる対象相手からのボディーガード
大阪 探偵 4位 高齢者及びその親族からの外出時の警護
大阪 阿倍野区 あかつき総合調査事務所 5位 自営業者からの高額現金を所持する為の商談、契約交渉時の警護
大阪 阿倍野区 身辺警護調査 あかつき総合調査事務所 6位 ストーカー、いたずらによる居住地での護衛・警護
探偵調査 大阪 あべの 探偵事務所 身辺警護調査 7位 破産、倒産による負債務者からの依頼による警護

安全性・問題の解決を優先する時、様々な調査状況下で柔軟性を持つ我々探偵の方が有利かも知れません。

我々調査会社、探偵・興信所同様、大小様々な警備会社で個人・法人の身辺警護・ボディーガードに関するサービスは提供されていますが、私達探偵・興信 暁総合調査事務所では日頃の調査活動で培った尾行、張り込み、車輌運行の高い技術水準と知識をフルに使ったボディーガード・身辺警護を提供致します。政治家や要人警護のように大人数での身辺警護や定期契約でのルート警護で無い限り、費用的な面や様々な状況下で臨機応変に対応出来る私達探偵・調査のエキスパートの方が有利に身辺警護、ボディーガードが出来ると自負しております。又、身辺警護に至る原因の究明、問題解決に移行する場合、同時並行での問題解決力、調査力に絶対の自信があります。

探偵・興信 暁総合調査事務所に身辺警護を依頼する場合とは

1.身辺警護・ボディーガードを依頼して本当の事実をきちんと知りたい。報告書が欲しい。
2.何らかの理由で自分が対象者の身辺警護が出来ない。警護対象者に知られず、身辺警護・ボディーガードがしたい。
3.身辺警護を依頼した原因の究明、問題解決をしたい場合
4.危害を加えようとする者を捕まえたい。その者の素性が知りたい場合
5.身辺警護と共に加害者側に逃れようのない証拠を突きつけたい。
相談・見積りは無料お電話下さい。フリーダイヤル
0120−579−444
全国の警察署一覧
北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 新潟県
福島県 茨城県 栃木県 群馬県 千葉県 埼玉県 山梨県
東京都 神奈川県 静岡県 愛知県 長野県 岐阜県 富山県
石川県 福井県 三重県 兵庫県 奈良県 滋賀県 京都府
大阪府 和歌山県 香川県 徳島県 高知県 愛媛県 鳥取県
島根県 岡山県 広島県 山口県 福岡県 佐賀県 長崎県
大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
ブログ 犯罪被害者給付金について

身辺警護プランと警護事例

では実際に当調査事務所に御依頼頂いたボディーガード・身辺警護の事案とそれに懸かった料金をご紹介致します。
一言に身辺警護・ボディーガードと言えども様々な状況があり、それに伴ったプランを提案させて頂いております。
事例番号の横には御依頼者が希望していたご予算、実際の警護の日数、目的、実際の費用を掲示しています。
私の場合は?と気になる方はお気軽にフリーダイヤル、相談フォームからお問い合わせください。
相談見積りは無料です。
無料相談フォームはこちら
調査事例の内容や料金等は契約当時のものとなります。
事例番号 希望予算 実警護日数 依頼目的 料金
事例1 費用ご予算 10万円 警護日数 5日 娘の身辺警護 65,362円
大阪府 I様(33才 会社員)の場合
北摂地域に住むIさんは妻と小学校低学年の娘を持つサラリーマンである。娘さんの小学校入学時期より居住区域での不審者騒動が相次ぎ児童へのいたずら騒ぎが後を絶たない。ベッドタウンの集合住宅に住み、登校時は集団登校だが、下校時、妻もしばしば留守にする事が多く、近隣に住む高学年の女の子が連日自宅近くまで中年男性に着いて来られたとの話を聞き、「吉川友梨ちゃん」事件が脳裏を過ぎり、5日間の身辺警護の依頼をされる。月曜日から金曜日までの連日5日間下校時刻の1:30〜3:30の時間帯の娘さん通学経路の身辺警護を実施する。契約期間内の不審者の出現はなし。替わりに弊社調査員が警察官に職務質問を受ける状況があったが、状況を説明し誤解を解く。不審者は現れなかったものの、下校時に娘さんが同学年の男の子にからかわれる状況を確認し、状況撮影をして依頼者に報告する。からかわれ泣く娘の姿に激昂するIさんを「子供同士の事だから」とたしなめる奥さんとの一面を見つつも契約終了となる。
警護費用
身辺警護1h3,150円
×15h 調査員1名
47,250円
諸経費 15,000円
消費税 3,112円
料金合計 65,362円
どれだけ子供を理解しようとも子供の全てを把握する事は出来ません。昨今増え続ける不審者騒動、何時あなたの家族が被害者になるや知れません。身近で起こる事件に自分の家族がと不安に思われる時、一度、御相談されてはどうでしょうか?長期の契約によりお子さんの登下校の経路を御報告する事も出来ます。大人から言われていても小さな子供さんは自分達だけの登下校の経路を作りがちです。また、大人の視線で見落としていた、ご近所の危険地帯を発見する事にも繋がります。
事例2 費用ご予算  30万円以内 警護日数 3日 身辺警護 252,000円
九州 Y様(29才 無職)の場合
エステシャンをしていたYさんは半年前に九州の実家に逃げ帰っていた。関西の専門学校を卒業し、少しでも早く独立したいと考えたYさんは学校からの紹介先を断り、ミニコミ誌の求人欄で見つけた神戸市内のエステで働く事にしたYさんは就職後1ヶ月で就職先を後悔する事となる。自称暴力団組長の情婦の女性オーナーは女帝状態で従業員への暴行、給料未払いは当たり前で社宅と称したマンションは2LDKの間取りに男女まみれ4人で生活する有様、挙句の果てにはYさんを含めた従業員の銀行通帳を預かると称して取り上げる始末。逃げようとする他の従業員がオーナーの知人と称する暴力団風の男性等に連れ戻される様を見ている間に自分自信が逃れられない状態に成ってしまった。それでも1年間勤め上げ、ある程度のオーナーへの信頼も得たその時、休日を見計らい持てるだけの荷物を持ち郷里へと逃げ帰ったのである。その際も面接時に履歴書に実家住所を書いていた為、暫くの間、ウィークリーマンションを借り潜伏していたのだが、案の定、女性オーナーは従業員を実家に仕向け、母親に全くの嘘を言って本人に取り次いで欲しいと迫ってきたのだった。事前に説明していた母親は知らん存ぜぬを通すが挙句の果てには母親に「私を裏切った代償は何があっても本人に償ってもらう。」と凄む始末。3ヶ月の間必要でない限り家族とも連絡を絶ち過ごした。失踪時に取り上げられた銀行のキャッシュカードは利用停止にはしていたが、通帳の残高を解約しお金を出すには再び神戸市内に戻らなければいけない為、神戸市内の3箇所の銀行、立ち寄り先を回る為の身辺警護をインターネットにて弊社を知り、相談の上依頼に至る。2ヶ月に渡り電車、飛行機にて関西へと来たYさんと合流し、目的地を回り、全ての私用を完了する。契約期間内のYさんの軟禁状態だった当時を想像するに耐え難い程の怯えぶりがスタッフの脳裏に今も焼きついている。
警護費用
特殊警護1日80,000円
×3日間 (1日 6時間)
240,000円
契約体制2名1台 1日6時間
諸経費(車輌、交通費等) 上記に含む
消費税 12,000円
料金合計 252,000円
この事例ではYさんが立ち回り先及びその移動中に関係者に目撃、発見された場合、拉致監禁される可能性を考慮したプラン構成にて実施しました。外部から車内が見えない処理を施した車輌にて車輌乗り降りの際の外部のチェック、緊急時の際の乱闘を想定した身辺警護に関する自社にて特殊訓練を受けた護身術有段者スタッフが身辺警護にあたりました。幸いトラブルが発生する事なく終了しましたが、有事の際、警察への連絡連携、対象者保護に絶対的な自信があります。
事例3 費用ご予算 5万円 警護日数 1日 職場退職に関する
同行
15,750円
愛知県 K様(22才 フリーター)の場合
高校卒業後、転々とアルバイトをしてきたKさんは中学時代の先輩の重量屋にて泣く泣くアルバイトをしていた。偶々栄町の居酒屋で再会したKさんは当時から強引で苦手だった先輩に「いつまでもアルバイトなどせずにうちで正社員になれ!」と強引に就職を迫られ、研修期間と称し半年間も日給5,000円で就労させられる。日給に不満があるのはともかく、仕事中の先輩の喜怒哀楽が苦痛でしょうがなかった。終業後も帰りたくても付き合いと称して飲み屋を連れ回され、安い日給にも係らず飲み代は割り勘。何度も辞めたいと相談するが、その都度程のいい理屈を並べられ反論すると殴られる始末。長々と続けさせられてきたが一念発起して面と向って退職願いを出しに行く事を決意する。どれだけ、理屈を並べられても絶対に辞めると決意したのはいいが、退職を言い通すと再度掴みあいにも成りかねない。そんな時、弊社のHPを見つけ、相談、依頼となる。契約当日、勤務先事務所を訪れるが本人は取引先の人間とゴルフに行って不在。先代である父親にスタッフと共に事の経緯を話し、先輩の父親に了承を得て退職する。その場で満面の笑みを作り職場を後にしようとした際、先代の父親が自宅でKさんの事を褒め称えている先輩の話をした時、Kさんの複雑な心境が表情から滲み出ていた。
警護費用
上司からの警護・同行
1時間 6,000円×2
12,000円
諸経費(交通費等) 3,000円
消費税 750円
料金合計 15,750円
人間関係に於いて自分ひとりじゃどうしても納得のいくように話し合いがもてない、自分の意見を上手く相手に伝えられない人は結構いるものです。ましてや立場が上の相手や過去に殴り合い、掴みあいの喧嘩をした相手であれば互いに興奮すればどちらかが怪我をしたり警察沙汰に成りかねない場合もあります。相手からすれば部外者や他人を連れてくるといった部分で不服に思われる方もいらっしゃいますが、あくまでも柔軟に公平に未然に暴力沙汰に成らず話し合いを進める為の同行です。乱闘になった際、加担する事はありませんのであしからず。
事例4 費用ご予算 20万円 警護日数 6日 ストーカー警護・素性 183,750円
京都府 A様(23才 OL)の場合
大学を卒業後実家より大阪市内まで自転車、電車を利用して通勤しているAさんは入社当初から自宅近所から仕事の行き帰りに声を掛けてくる中年男性に当惑していたが、相手の行動がエスカレートしているのに恐れご両親と一緒に相談に来られた。自宅から四条駅までと大阪府内に入り止る快速停車駅までの区間その中年男性とは常に一緒だった。自分で知りうる最初のきっかけは社会人生活が始まった当初帰宅途中、自宅近所で自転車のチェーンが外れ、普段着で犬の散歩をしていた男性に自転車を直して貰ったのがその始まりだと認識していた。その後、週に何回か朝の出勤時、と帰宅時の自宅周辺と電車内で挨拶を交わす様になった。決して不審者にも変質者にも見えず。いつも軽快に声を掛けてくれていたのが、OL生活も板に付き半年を越える頃から恐怖に変っていった。殆んど毎日顔を合わす様になったのだ。小1時間から2時間程度の残業をした帰宅時も意識して電車を早めてもその男性は電車に乗っているようになった。何食わぬ顔で挨拶をしてくる時もあれば、明らかに自分の存在を知っていながら気付かぬふりをしている事もある。そんな矢先、駅より自転車で帰る際、中年男性は食事に行こうと声を掛けてきて、手首を掴んできた。すぐさま自転車に乗り自宅に帰り、両親に事のあらましを話すが、どこの誰だか素性も判らず交番に相談に行くが次何かあれば連絡をくれと追い返される始末。父親の職業的な体裁からもあまりに公にしたくないとの事で相談、依頼を承る。Aさんの出勤時と帰宅時を調査員が距離を置き尾行。2日目に対象者の男性は現れる。出勤時の電車でAさんの様子を窺う男性は枚方市駅にて下車するとすぐに京都方面行きの電車に乗り四条駅へと戻る。駅より地上に上がるとスクーターにて走り去る。同日の夜、Aさんが四条駅より自転車に乗り帰宅しているとやはり駅より自転車に乗り追いかけて来る男性の姿。Aさんは気付かぬまま帰宅。その後、同男性を尾行すると四条駅にて自転車を止め同駅に止めていた出勤時に走り去ったスクーターに乗り換え走り去る。調査の結果同男性はAさんの自宅より100m圏内に住む妻子ある無職の男性だった。3日目の調査に於いてAさんの帰宅に合わせ四条駅にて待ち伏せしていた男性に話し掛け問い質すともの凄い形相でスクーターに乗り走り去る。調査後、Aさんは両親と共に直接同男性宅へと赴きつきまといを止める様話し合いをする。
警護費用
ストーカー警護パック
3日間 1日3h×2
140,000円
対象者の手掛かりから
身上調査
35,000円
消費税 8,750円
料金合計 183,750円
この事例では状況の確認までしかしておりません。依頼人の環境や状況に応じてスタッフ同席の元、対象者と話し合いをする事も出来ます。それぞれの依頼者の状況に因りますので詳細は直接お問い合わせ頂きます様、お願いします。昨今、ストーカー関連の事件に対して以前より警察の対応は迅速になってきていますが、相談を請ける警察担当者によってはまともに取り合ってくれない状況は現在も多数寄せられております。又、ストーカー犯の素性が判らない限り、こちらのアクションに対して相手がどう出て来るかは計り知れません。事前に対象者の素性等を調査しておくのもトラブルにならずに解決する一つの方法であると思われます。
事例5 費用ご予算 20万円以内 警護日数 1日 示談交渉護衛・素性 128,100円
滋賀県 T様(31才 サラリーマン)の場合
滋賀県に住むTさんは交際半年の彼女の事でお問い合わせを戴く。
コンパで知り合い交際を始めた彼女が思い詰めた顔でTさんに相談してきたのは彼女自身がTさんと別で出会い系サイトで知り合った男と食事に行った時に襲われそうになった事だった。数回の電話での会話の後、逢う事になった彼女は大津市内でその男性と会い、軽くお酒を飲みながら食事をした後、車で比叡山へと向かい車内で夜景を見ながら突然襲われそうになったのだ。出会い系で知り合ったのだからそういう事も想定内だろ!と心元無い事を言われ抱き着かれた彼女は彼氏の存在を告げながら自分が馬鹿だったと後悔したと言う。大事には至らなかったが、24歳のその男性はドレスアップカーのチームの中心的な存在で今後会うのを拒んだら探偵に携帯電話の番号を調べさせて若い連中と家に行くと脅し、付き合っている彼氏とも別れろ!と凄んでくる。その後琵琶湖湖周をドライブし開放されるが、襲われそうになった時に出来た手首と上腕部に出来たアザが痛々しく、なんとかTさんは自分自身でその男性と決着を着けなければと強く決心したのだった。しかし製薬会社の営業周りをする小柄なTさんは体力にも自信もなく、況してや相手の男性が取り巻きを連れて現れたら話し合いどころか琵琶湖に沈められてしまうのではないか?と戦々恐々とした思いに取り憑かれる。相談を受けた段階で彼女の前できちんと相手の男と話し合いをしたいとのTさんの考えを考慮し、相手が複数で来る。相手が暴力に出る様な状態までは周囲で状況を観察するという形での身辺警護のプランを提案し、又、条件を満たした形で話し合いが出来たとしても後々逆恨みされ嫌がらせをされる事も可能性があるので、相手の身上、所在調査も兼ねて承る。当日、草津駅周辺の飲食店に呼び出された彼女と同席するTさんの前に現れた相手の男性はいかにも今時風の風体の気の短そうな男性であり、スタッフ一同「こりゃ、無理かも?」と固唾を呑み状況を静観するが、毅然とした態度で必至に相手男性と話をするTさん。途中、店内に響く勢いで声を荒げる男性の一面もあったが、何とか今後一切、連絡、接見を行なわない、行なった場合、襲われた事も合わせ警察に相談するとの約束事を添え、相手男性との示談に成功する。半分切れ気味の男性は店を出ると特殊な趣味の方しか好きになれないようなワンボックスカーに乗り走り去る。すぐさま調査員が車輌の確認をして尾行し、守山市内に住む男性の自宅を突き止める。
話し合いの後、店内で合流したスタッフと共に彼女に事の真相を正直に話すTさん。彼女の方もまさか、Tさんが探偵を雇ってまでボディーガードと相手の素性を調べるまでしてるとは思わず、びっくりした様子で笑っていた。なによりも自分のした事を責めず、緊張した赴きで相手の男性と必死に話し合いをして取り纏めたTさんの優しさと強さに惚れ直したかの様に見つめ、自分の否を素直に謝罪する彼女の姿が印象に残る事案であった。
警護調査費用
特殊警護1日60,000円 60,000円
契約体制3名1台 2時間
基本料金調査パック   45,000円
実調査時間 1時間 12,000円
僅かな手掛かりから調査 5,000円
消費税 6,100円
調査料金合計 128,100円
身に危険が及ぶ事を未然に防ぐ事が身辺警護、ボディーガードの業務ですが、状況や内容に於いては相手の身元を調べておく事も必要です。事件や犯罪に巻き込まれる可能性が考慮される事案では対象者の所在、身元等を事前に調べておき、法律に反する行動に出た場合、速やかに警察へ相談、被害届けを出す事が被害を拡大させないポイントだと思われます。今回の事案ではTさんの心意と熱意が伝わったのか、相手の男性は行動をエスカレートする事は有りませんでしたが、必ずしもハッピーエンドで終わる事はありません。備えあれば憂いなしの言葉がそのまま適用される事案は当調査事務所でもこれまで多岐に渡り遭遇してきました。身辺警護、護衛、ボディーガードは私達にお任せ下さい。きっとお役に立てると思います。
事務所概要 調査料金 調査内容 相談から依頼の流れ 監視カメラ・防犯機器販売 プライバシーポリシー
トラブル解決 探偵事務所 大阪 あべの あかつき 総合調査事務所
探偵社の選び 全国の弁護士会 全国家庭裁判所 全国児童相談所 配偶者暴力支援センター サイトマップ
大阪 探偵 相談 調査 依頼 あかつき 浮気調査 身辺警護
身辺警護調査 不審者監視 ストーカー警護のことは暁総合調査事務所へ

このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は探偵・興信 暁総合調査事務所またはその情報提供者に帰属します。

CopyrightAkatuki Investigation All right reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.